博報堂生活総合研究所 サマーセミナー2018 家族30年変化 家族はいま、プロジェクトへ。 博報堂生活総合研究所 サマーセミナー2018 家族30年変化 家族はいま、プロジェクトへ。

調査データダウンロード

1988年→1998年→2008年→2018年の4時点30年間にわたって、夫と妻の家族観や暮らしぶり、意識、行動の変化を約2500項目で追うことができる調査データを、無料でダウンロードすることができます。
  • 集計表には、夫妻計、夫妻別、夫年代別、妻年代別、妻職業別のデータを収録
  • シンプルな操作で時系列グラフを自動作成する機能付き
ぜひ、ご活用ください。
ダウンロードデータのイメージ
アイコン 調査データをダウンロードする

家族調査 調査概要

調査目的 1988年から10年おきに同じ調査設計でほぼ同じ質問内容を聴取することで、家族の価値観や暮らしぶり、夫と妻の意識・行動の変化を追跡する。
調査地域 首都40km圏
調査対象 妻の年齢が20~59歳の夫婦が同居する世帯
対象条件: ①②の両方に該当する世帯
① 夫がサラリーマンであること
② 夫と妻が同居していること(子どもの有無は問わない)
調査世帯数 630世帯(2018年 : 夫630人∙妻630人 合計1,260人)
発表年ごとの世帯の内訳 発表年ごとの世帯の内訳
調査手法 訪問留置自記入法
調査票は2種類
  • 妻票…家族や家庭について妻のみが記入する「世帯票」と、
       夫と妻がそれぞれ記入する「個人票」の2部構成
  • 夫票…夫と妻がそれぞれ記入する「個人票」のみ

どの調査票からの回答かを示すグラフ表記
個人票(夫) : [夫] 個人票(妻) : [妻]
世帯票 : [世帯(妻のみ回答)]
調査期間 2018年 2月7日 ~ 3月12日
2008年 6月12日 ~ 7月7日
1998年 1月8日 ~ 2月2日
1988年 8月3日 ~ 8月22日
調査会社 株式会社 東京サーベイ・リサーチ
「家族30年変化」トップに戻る