未来予測の詳細

通信分野計画

2020 年
生物の不規則な「ゆらぎ」を光通信に応用し、データの渋滞、故障からの素早い復旧を可能にするインターネット技術が実用化する

類型 : 計画
出典 : 日本経済新聞
資料 : 大阪大学村田正幸教授、NTT、情報通信研究機構
発表 : 2009年6月22日

関連する未来を検索

未来年表は、「FUTURE LAB 未来人」により、編集・制作されています。転載、および、二次利用に際しては、
別途、当該制作者による許諾が必要となります。詳しくは、こちらより、お問い合わせください。

powered by FUTURE LAB 未来人