未来予測の詳細

技術分野計画

2023 年
植物由来の樹脂を使用した環境配慮型の炭素繊維複合材が、このころ実用化する(素材と量産技術を同時開発)

類型 : 計画
出典 : 日本経済新聞/北陸
資料 : 東レ、コマツ産機、大和ハウス工業、金沢工業大学、金沢大学、北陸先端科学技術大学院大学の3社3大学と石川県の協定(16日)
発表 : 2013年7月17日

関連する未来を検索

未来年表は、「FUTURE LAB 未来人」により、編集・制作されています。転載、および、二次利用に際しては、
別途、当該制作者による許諾が必要となります。詳しくは、こちらより、お問い合わせください。

powered by FUTURE LAB 未来人