未来予測の詳細

医療分野計画

2021 年
患者本人から得たiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って白血病を治療する技術が実用化する(2021-22年)

類型 : 計画
出典 : 読売新聞東京版
資料 : 京都大学再生医科学研究所河本宏教授らの研究
発表 : 2016年1月11日

関連する未来を検索

未来年表は、「FUTURE LAB 未来人」により、編集・制作されています。転載、および、二次利用に際しては、
別途、当該制作者による許諾が必要となります。詳しくは、こちらより、お問い合わせください。

powered by FUTURE LAB 未来人