みらいのめ

さまざまな視点で研究員が「みらい」について発信します

2016.05.24

第7回

宮島の節分

from 広島県

itsukushima

生活総研 客員研究員
中国四国博報堂

宮田貴雅

私の暮らす広島県には、「原爆ドーム」「嚴島神社(宮島)」という世界的に有名な世界文化遺産が2つもあります。某有名旅行サイトでも、外国人に人気の日本の観光スポットランキングでは№2、№3をマークするほどの人気だそうです。しかし、私にとっては、ひとつは通勤圏内にあり、ひとつは自宅周辺から見える位置にあるため、“観光地”としては普段興味を持つことがありません。

 

momiji

そんな折、東京の友人との会話中、「あの~、宮島の節分って“もみじまんじゅう”を投げるんですよね?」という衝撃的な発言を聞き、知らなかった私はひどくショックを受けたのです。すぐにその場でスマホ検索してみると、本当に存在していました。お寺の節分イベントの時に、境内から参拝者の方へ、豆と一緒にもみじまんじゅうも投げているのです。
それを知らなかった私は、地元民としてとても恥ずかしい思いをしました。一方で新しくも感じ、宮島ともみじまんじゅうに対して、新たな魅力を感じた瞬間でした。
また、それと同時に県外へのメディアPR量、ソーシャル発信量の底力を感じた瞬間でもありました。(おそるべし!)
実は、節分という日付け限定で、且つ年末年始のような長期休暇に行われる行事ではないため、旅行会社などのツアーには一般的に組み込まれていないようなのです。

その魅力に取りつかれていた私はその一週間後、まだ節分でもないのに、家族を連れて宮島へ日帰り旅行をしたのでした。節分とは全く関係のない「“揚げもみじまんじゅう”食べ歩き&宮島ロープウェイツアー!」を自主企画までして。(楽しかったです)

大都市から地方に波及してきているインバウンド需要は、2020年に向け、まだまだ成長経路を辿る予測ですが、国内旅行者の再発掘、リピーターづくりを積極的に行うことが地域資源のベースになり、さらなる発展に結びつくのだと未来予想的に感じた体験でした。
そしてこの体験は、持続的な魅力づけには「楽しみ方の提案」「新しいと思わせる伝え方」がキーになるという、ひとつのゴールデンルールの発見につながりました。

皆様も、周りにいつもある何気ない場所に、再び足を運ばれてみてはいかがでしょう?

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
みらいのめ from 愛知県

みらいの食卓
~ヤンキーフード「なごやめし」の可能性~

生活総研 客員研究員
博報堂 中部支社
冨永直基
2016.11.28
みらいのめ from 福岡県

現代の“科学特捜隊”?

生活総研 客員研究員
博報堂 九州支社
松本裕介
2016.09.23
みらいのめ from 北海道

縄文からみえる豊かな女性多数派社会?

生活総研 客員研究員
北海道博報堂
山岸浩之
2016.09.02
みらいのめ from 青森県

人と人を繋げる夏祭り

生活総研 客員研究員
東北博報堂
種市良嗣
2016.08.22
みらいのめ from 福島県

いまどきの郷土料理ときたら。

生活総研 客員研究員
東北博報堂
武田陽介
2016.07.15
みらいのめ from 愛知県

未来志向の僧侶たち

生活総研 客員研究員
博報堂 関西支社
福井良應
2016.06.16
みらいのめ from 広島県

宮島の節分

生活総研 客員研究員
中国四国博報堂
宮田貴雅
2016.05.24
みらいのめ from 愛知県

みらいの家族

生活総研 客員研究員
博報堂 中部支社
冨永直基
2016.05.09
みらいのめ from 兵庫県

ローカルアイドルという学校?!

生活総研 客員研究員
博報堂 関西支社
中尾真範
2016.04.18
みらいのめ from 福岡県

フクオカから考えるあしたのイノベーションスタイル

生活総研 客員研究員
博報堂 九州支社
松本裕介
2016.03.28
みらいのめ from 青森県

神社からのヒント

生活総研 客員研究員
東北博報堂
種市良嗣
2016.03.02
みらいのめ from 東北

方言が、社交的になってきた。from 東北

生活総研 客員研究員
東北博報堂
武田陽介
2016.02.17

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す