私の生活定点

博報堂生活総研による定点調査「生活定点」を見て気づいたこと、
発見したことをさまざまな人が語っていくリレー・エッセイです。

研究タグ
2018.11.20

「生活定点」で振り返る平成 第1回

一人立ち食いそばが平気な女性が増えたワケ

生活総研 上席研究員

三矢正浩

こちらは「東洋経済オンライン」からの転載記事です。

2018年も残すところあとわずかとなり、だんだんと「平成」も終わりに近づいてきました。この「平成」はいったいどんな時代だったのか、生活者にどんな変化をもたらしたのか。
生活定点」などのデータを用いながらご紹介していきたいと思います。

増える女性の「ひとりランチ」

生活総研のオフィスがあるのは東京・赤坂。繁華街ということもあり数多くの飲食店が軒を連ねていますが、企業の事務所も数多くあるため、平日のお昼どきはいつも大混雑。ピークの時間帯を避けて、早めに行ったり遅めに行ったり、各人工夫をしています。ちなみに私は「遅めに行く派」。ピーク時を抜けて空きはじめた店内で食べることが多いでしょうか。

一応「生活者研究」を生業としているので、外に出るときは何となく、街の様子や人の様子をいろいろと気にしています。長い目で見ると変化していることはいろいろありますが、特によく見かけるようになった光景は、一人でランチを食べている人の姿。特に女性の姿がとても多くなったように感じます。

女性のひとりランチは普通の飲食店でも見かけますし、牛丼チェーンや、セルフ方式のうどん・そば店などのファストフード系の店、さらにはコンビニのイートインスペースでもよく見かけるようになりました。数年前は牛丼チェーンに女性が一人でいることは珍しい印象でしたので、隔世の感があります。

では、肌感覚では増えているように感じる女性のひとりランチを、定量的にみるとどうなのか?

前述の長期時系列調査「生活定点」では、生活上のさまざまな意識・行動を継続的に聴取しているのですが、その中にはこんな調査結果があります。


「一人で外食することは抵抗ない」

全体:1998年46.2%→2018年49.1%


全体では大きくは変わっていないように見えますが、男女を分けてみると、


男性:1998年59.0%→2018年57.6%

女性:1998年33.0%→2018年40.5%


と、「抵抗がない」女性が徐々に増えていることがわかります。

→続きは東洋経済オンラインのページからご覧ください。

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
私の生活定点

一人立ち食いそばが平気な女性が増えたワケ

生活総研 上席研究員
三矢正浩
2018.11.20
私の生活定点

「WEBコンテンツは私の先生」な時代

博報堂 第一プラニング局
崔 喜景
2018.01.11
私の生活定点

「答えを探さない」という使い方。

博報堂 第三プラニング局
夏 秋馬寧
2017.12.20
私の生活定点

「もう欲しいモノなんてないよね~」
って本当か?

博報堂買物研究所 上席研究員
山本泰士
2017.06.12
私の生活定点

茶色く染まる、日本の食卓

生活総研 上席研究員
夏山明美
2017.03.29
私の生活定点

スマホ時代の「偶然」との出会いかた

生活総研 研究員
十河瑠璃
2017.03.02
私の生活定点

トランプ勝利―自国第一・内向き志向はアメリカだけ?

生活総研 上席研究員
三矢正浩
2016.12.14
私の生活定点

家族の誕生日祝い、大躍進!

博報堂 こそだて家族研究所
上席研究員
脇田英津子
2016.11.30
私の生活定点

生活定点から見えてくる、「新しい大人の関係性消費」

博報堂 新しい大人文化研究所
安並まりや
2016.10.27
私の生活定点

「何を見ているのか言ってごらんなさい。あなたがどんな人だか言ってみせましょう」

博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所 主席研究員
藤原将史
2016.10.04
私の生活定点

「見えないことは、存在していないこと、ではないという話」

電通
エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター
岸勇希
2016.01.07
私の生活定点

「損したくない」という感覚

ニッポン放送 アナウンサー
吉田尚記
2015.12.17

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す