私の生活定点

博報堂生活総研による定点調査「生活定点」を見て気づいたこと、
発見したことをさまざまな人が語っていくリレー・エッセイです。

第4回

”科学技術が進歩しすぎて不安である”という設問を”科学技術の進歩”を用いて解析

博報堂DYメディアパートナーズ

篠田裕之

エレベータで知り合いと一緒になったときに、思わず目を伏せて無言でやり過ごしたり、マンションの廊下に人の気配を感じて、家を出るタイミングをずらしたり、遺伝子レベルで自分を嫌いになること、私だけではなく、みなさんも多々あるかと思います。

現代では自分の遺伝子の特徴を簡単に調べる事ができる様々な遺伝子検査サービスが登場してきており、科学技術の進歩には驚かされます。(むしろ、このアクロバティックすぎる文章展開に驚かれたかもしれませんが)

科学技術の進歩といえば、他にも3Dプリンタ、ドローン、ウェアラブルセンサが身近になり、3Dホログラムやブレインマシンインタフェースなどの研究もますます盛んになっています。

生活定点には「現代の科学技術は進歩しすぎていて、不安に思う」という項目があります。この項目、1998年の23.9%から年々下がっており、2012年には7.9%まで下がりましたが、2014年には、やや上昇しており9.1%となっております。

この傾向(年々下がっていたが、2014年に微増)は全世代、性別、地域で同じようです。

PDF

http://seikatsusoken.jp/teiten2014/answer/1356.htmlPDF

さて、「科学技術が進歩しすぎた不安」、とは一体何なのでしょうか。

生活定点サイトでは、上記の設問と同じような時系列推移を辿っている”似てるかもグラフ”を見ることができます。女性30代では「情報を活用した生活をしていない」という項目、男性30代では「日本人は個人生活の充実にもっと目を向けるべき」という項目が上記設問と同じような推移を辿っております。

PDF

http://seikatsusoken.jp/teiten2014/answer/1356-201-10.htmlPDF

PDF

http://seikatsusoken.jp/teiten2014/answer/1356-1372-5.htmlPDF

ということは「科学技術が進歩しすぎた不安」とは、女性30代にとっては「情報爆発によって、情報活用が追いついていない不安」であり、男性30代にとっては「(システマティックな技術、仕組みに対するアンチとしての)個人生活の充実に対する飢餓感としての不安」ということでしょうか。
気になるのは、上記2つの設問もやはりここ2年では数値が上昇してしまっていることです。

さて、ここでせっかく項目が「科学技術の進歩」、ですので、テクノロジーを駆使して、さらに深堀してみましょう。

具体的には「科学技術が進歩しすぎて不安である」という文言に似たものを含む記事をウェブ上からクローリングしてきて、それらに含まれている単語を解析することで、具体的には何が気になっているのか見てみます。

すると、例えばクローリングされた記事のうち、男性30代が閲覧していると統計的に推計される記事には、「遺伝子」「クローン」「バイオテクノロジー」、といったワードが含まれているようです。

一方、女性30代が閲覧していると思われる記事には、「スマホ」「クーポン」「編集」などが含まれておりました。さらに、上記でクローリングされた記事を閲覧している人が普段どのようなサイトを閲覧しているのか、を「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)※」を用いて分析してみます。

このようにして得られた結果を3次元にビジュアライズしてみましょう。「科学技術の進歩に不安」という項目の年代ごとの推移が、縦に連なるレイヤーとして表されております。

また、一番上のレイヤーは現時点の詳細を表しており、「科学技術の進歩に不安」という記事に含まれているワードを性年代ごとに解析したワードを色違いの円、そのような記事を閲覧している人の普段の閲覧サイトを長方形で表しています。

いかがでしょうか。

個人ではなく、性年代ごととはいえウェブ上の閲覧傾向が、このように時系列データと現在のデータをつなげて立体的にビジュアライズされるということ、みなさんは、”不安”でしょうか。
それともこういった技術・分析からあらたに生まれてくるサービスを通して”情報を活用”、”生活を充実”していけると思うでしょうか。

※DMPとは「http://www.hakuhodody-media.co.jp/column_topics/glossary/20130820_7495.htmlPDF

※このコラムは生活定点2014年度版のデータに基いています。

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
私の生活定点

茶色く染まる、日本の食卓

生活総研 上席研究員

夏山明美
2017.03.29
私の生活定点

スマホ時代の「偶然」との出会いかた

生活総研 研究員

十河瑠璃
2017.03.02
私の生活定点

トランプ勝利―自国第一・内向き志向はアメリカだけ?

生活総研 上席研究員

三矢正浩
2016.12.14
私の生活定点

家族の誕生日祝い、大躍進!

博報堂 こそだて家族研究所
上席研究員

脇田英津子
2016.11.30
私の生活定点

生活定点から見えてくる、「新しい大人の関係性消費」

博報堂 新しい大人文化研究所

安並まりや
2016.10.27
私の生活定点

「何を見ているのか言ってごらんなさい。あなたがどんな人だか言ってみせましょう」

博報堂DYメディアパートナーズ
メディア環境研究所 主席研究員

藤原将史
2016.10.04
私の生活定点

「見えないことは、存在していないこと、ではないという話」

電通
エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター

岸勇希
2016.01.07
私の生活定点

「損したくない」という感覚

ニッポン放送 アナウンサー

吉田尚記
2015.12.17
私の生活定点

昔のオタクと今のオタク

ニッポン放送  アナウンサー

吉田尚記
2015.11.26
私の生活定点

夢と希望の地獄

アートディレクター/グラフィックデザイナー

寄藤文平
2015.10.26
私の生活定点

リア充はリアルか

生活総研 研究員

中島健登
2015.10.05
私の生活定点

データと偶然に出会う装置

博報堂生活者アカデミー

星出祐輔
2015.09.14
私の生活定点

お父さんの背中は小さくなったか

生活総研 上席研究員

内濱大輔
2015.08.24
私の生活定点

「生活定点」は「日本人の心のガイドブック」

博報堂生活者アカデミー

松井一哲
2015.07.27
私の生活定点

「調査と妄想」

博報堂ブランドデザイン

遠藤礼奈
2015.06.29
私の生活定点

料理好きな男は転職を考えてるかも

FUTURE CATALYSTS

鷲尾和彦
2015.06.08
私の生活定点

”科学技術が進歩しすぎて不安である”という設問を”科学技術の進歩”を用いて解析

博報堂DYメディアパートナーズ

篠田裕之
2015.05.18
私の生活定点

「友達」と「金髪」と「ソーシャルメディア」

博報堂 インタラクティブプラナー

平知己
2015.04.20
私の生活定点

「愛」より「カネ」か?日本人。

博報堂クリエイティブ・ヴォックス

吉岡虎太郎
2015.03.30
私の生活定点

引っ越しをしたい30代は焼肉・ぎょうざ好き?

生活総研 上席研究員

佐藤圭以子
2015.03.09

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す