私の生活定点

博報堂生活総研による定点調査「生活定点」を見て気づいたこと、
発見したことをさまざまな人が語っていくリレー・エッセイです。

2015.11.26

第12回

昔のオタクと今のオタク

ニッポン放送 アナウンサー

吉田尚記

■避けられないオタク化

ある女子高生リスナーと話していておもしろかったのは「ウチのクラスには、もう、ふつうのコはいません。ギャルとオタクしかいません」っていう話です。これ、昔と全然違う状況なんです。何が違うのかっていうと、インターネットの情報環境の有無。今のコたちは、「なんか好きだな」と思うと、現場に来る前に検索しちゃうんですよ。で、検索してしまうと情報に異様に詳しくなるじゃないですか。そうするともうオタク化は避けられない。昔は、すっごい詳しいわけじゃないけどテレビとか雑誌とか見て「なんかいいよね」っていうレベルでやり過ごすことができてたのに、今は「なんかいいよね」で止まれない。やり過ごせない。何かを好きになっちゃった時に、ちょっと検索するだけでものすごい情報にガーっと押し流されてしまう。僕らの時ってクラスにオタクって2人か3人でした。でも、今はそういうふうに「ふつうのコ」がどんどんオタクになっていっているんだと思います。

だから、「オタク」という言葉は「そのジャンルにちょっと詳しいよ」ぐらいの意味で使われるぐらいにすごく変容したし、自分のことを「オタク」って言いたい人も増えました。ちょっと前の人たちが自分のことを「オタク」って言う時、そこにはレジスタンス的な意味合いがあったと思うんです。それが今、そのレジスタンス的意味合いも込みで、自分のことを「オタク」って言っておきたいっていうのが多分あるんですよね。そういう意味合いを含めて、「オタク」であるということにアイデンティティを求める人も多いように思います。

昔だったら「大学生だったらホイチョイプロダクションズでしょ、スキーでしょ」みたいな感じで、今は「オタクだったらラブライブでしょ」ってなったりしてるようなところがあります。スキー行かなくなってラブライブ行ってるんでしょうね、ふつうの人たちが。そんな感じはしますよね。

昔のオタクと今のオタクの人達は、マインドセットがかなり違うと思います。

昔は、同じジャンルのオタクが集まってても、そのジャンルとは全然別の趣味を、それぞれが、ひとつ、発症してることが多かったんですよ。たとえば、アニメオタクの先輩に「いま何ハマってんすか」って聞くと、刀剣乱舞のずっと前ですけど、「日本刀♪」って返事がかえってきたりする。「知ってる?日本刀って教育委員会に登録するんだよー」「え?持ってるんですか日本刀?」「うん」みたいな会話があって。そういうよくわからない知識にたどり着くのが本来オタクのおもしろいところなんです。でも、今のオタクはそうじゃなくて、オフィシャルの出してるものを反芻してるだけの人が多いんですよね。そのジャンルの隣にあるものとか、そこから透けてみえる前提の知識とかは関係なくて、誰かがやってくれた教条主義的なものに従って行くっていうスタイルが多いんです。もっとも、昔は、その教条主義的なものを追いかけたくても追いかけづらかったのもあるんですけどね。今は検索すると一発で本人のツイッターとかブログとか出てくるから、状況は全然違いますが。

■ネットによって作りやすくなった「閉じた経済」

それで最近すごく気になっていることでいうと、ネットがあることによって、情報が拡散しなくなったということです。ネットで情報が拡散しやすくなったってよく言われますけど、あれはウソです。逆です。ネットがあると自分の好きなことを延々と追いかけていられるので、ブームが終わらなくなりました。顕著な例がAKBです。昔だったらもうブームは終わってる頃なんです。ところが、AKBブームは5年で終わるところが10年続いてる。これはAKBのことが好きな人には情報が延々供給されるシステムが出来てるからです。

つまり、閉じた経済を作りやすくなってるんですよね、ネットがあることで。

AKBだったらAKBのグーグルプラスとブログとツイッターと755見るだけで一説によると1日に4時間かかると言われています。そんなの全部チェックできるわけない。だからもう閉じちゃうんですね。AKB以外のものを追いかけることできなくなる。本当は、もっと自分の感覚に正直になって、「なんか物足りないな」と思ったらハロプロを見に行くとか、exploreすることがあってもいいと思うんです。でも、しない。できない。両方を追いかけてる人はとても少ないですね。今、このexploreするっていうことが、アイドルに関してに限らず、すごく減ってると思います。

それと関係あるのが、この「友人は多ければ多いほどよいと思う」っていうデータですね。

友人は多ければ多いほどよいと思うPDF

友達が多い方がいいっていうのが減ってる。友達は多くなくていいっていうのは、他をあえて見に行かなくてもいいやっていう感覚と近いですよね。みんながexploreしなくなってきたのはこのデータにも表れてると思います。(談)

(次回に続く)

※このコラムは生活定点2014年度版のデータに基いて執筆されています。

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
私の生活定点

一人立ち食いそばが平気な女性が増えたワケ

生活総研 上席研究員
三矢正浩
2018.11.20
私の生活定点

「WEBコンテンツは私の先生」な時代

博報堂 第一プラニング局
崔 喜景
2018.01.11
私の生活定点

「答えを探さない」という使い方。

博報堂 第三プラニング局
夏 秋馬寧
2017.12.20
私の生活定点

「もう欲しいモノなんてないよね~」
って本当か?

博報堂買物研究所 上席研究員
山本泰士
2017.06.12
私の生活定点

茶色く染まる、日本の食卓

生活総研 上席研究員
夏山明美
2017.03.29
私の生活定点

スマホ時代の「偶然」との出会いかた

生活総研 研究員
十河瑠璃
2017.03.02
私の生活定点

トランプ勝利―自国第一・内向き志向はアメリカだけ?

生活総研 上席研究員
三矢正浩
2016.12.14
私の生活定点

家族の誕生日祝い、大躍進!

博報堂 こそだて家族研究所
上席研究員
脇田英津子
2016.11.30
私の生活定点

生活定点から見えてくる、「新しい大人の関係性消費」

博報堂 新しい大人文化研究所
安並まりや
2016.10.27
私の生活定点

「何を見ているのか言ってごらんなさい。あなたがどんな人だか言ってみせましょう」

博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所 主席研究員
藤原将史
2016.10.04
私の生活定点

「見えないことは、存在していないこと、ではないという話」

電通
エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター
岸勇希
2016.01.07
私の生活定点

「損したくない」という感覚

ニッポン放送 アナウンサー
吉田尚記
2015.12.17

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す