研究レポート

研究タグ
2007.11.02

INSIGHTOUT ROUND #5子供の生活10年変化暮らしの「3点確保」に向かうアフターバブル・キッズ

失われた10年は、日本の子供たちをどう変えたのか? 調査対象は1992年から1997年に生まれた10歳から15歳の「アフターバブル・キッズ」。社会の閉塞期に生まれ育った彼らの意識や行動を、10年前に実施した調査データと比較しながら明らかにしている。「子供」という次世代ターゲットを捉えるための新たな観点も提示。

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す