研究レポート

研究タグ
2007.04.19

未来系地域生活

生活総研は、「地域」を生活者視点で捉えなおすことにより、これからの生活者の暮らしがどのように変化するかについての研究を行っています。
このたび2006年6月、11月と2007年1月の3回に渡り、全国の生活者を対象にインターネットで「地域生活」についての調査を実施しました。その結果、生活者の約7割が現在住んでいる地域エリアに満足していることなどが分かりました。また生活者の地域エリアに対する満足内容を分析した結果、地域に対する満足度は8つの欲から構成されていることを発見し、これを「地域8欲」と名づけ、これを元に47都道府県の分類や今後生活者が住みたいと思う地域生活モデルなどを分析しています。

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
研究レポート

「こども20年変化 タダ・ネイティブ、あらわる」 調査データを一般公開

2017.07.26
研究レポート

「こども20年変化」
調査結果 続報を発表

2017.07.18

こども20年変化

研究レポート

「こども20年変化」
調査結果を発表

2017.06.08
研究レポート

生活者の「好き・熱中にまつわる意識・実態調査」を発表

2017.01.11

「趣味・遊び」より
「睡眠・休息」

研究レポート

生活者にきいた
“2017年 生活気分”を発表

2016.11.21

2017年 ヒット予想

2016年 ヒット商品

研究レポート

生活者が求めるのは、
“生活者支援系テクノロジー”
キーワードは【サンキュー・テック】

2016.10.28

キーワードは「常温」

研究レポート

「常温」 を楽しむ社会へ
~ この先 良くも悪くもならない世の中を、ポジティブに ~

2016.10.03
研究レポート

生活総研とお坊さんが、信仰の未来を考えた。

2016.09.13
研究レポート

「シルバー30年変化」
調査結果を発表

2016.06.24
研究レポート

第1位 急増する外国人観光客

生活者が選ぶ 2016年ヒット予想 発表

2016.01.06
研究レポート

2016年の漢字:1位は「楽」

生活者にきいた2016年 生活気分

2016.01.06
研究レポート

第二回マイビッグデータに関する意識調査レポート:「自分のことを包み隠さず共有できる」のは誰?

2015.08.26

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す