研究レポート

2011.03.09

日本型成熟モデルを考えるシリーズ[第5回]生活を楽しむための三種の神器

博報堂生活総合研究所では、日本全国の15〜69歳の男女553名を対象に、生活者が暮らしの中のどのようなことに楽しみを見いだしているのかを把握する「生活を楽しむ調査」を実施しました。今回の日本型成熟モデルを考えるシリーズ[第5回]では、「生活を楽しむために必要なもの」を1人3つずつ自由回答形式で答えてもらい、集まった1,659の生声を16のカテゴリーに分類し、分析しました。調査からの発見をご報告します。
※生活者が思い描く日本やその未来像から考える「日本型成熟モデル」についてのニュースリリースは、今後もシリーズで発表していきます。

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す