研究レポート

研究タグ
2011.12.23

(English) Survey on the Structure of Ken From Dynamics of Japanese Sei-katsu-sha 2012

圏の構造調査の英語版調査レポートです。

In the months since the Great East Japan Earthquake, interpersonal relationships, kizuna, altruism and giving encouragement to others have been in the spotlight. When we at Hakuhodo Institute of Life and Living (HILL) studied sei-katsu-sha’s associations and relationships, we discovered that new groups and networks that differ from traditional ties of family, network and community are starting to take root. In this year’s Dynamics of Japanese Sei-katsu-sha, a future outlook on emerging lifestyles published by HILL at the beginning of each year, we have dubbed these new purpose-specific, open and fluid groups and networks ken (literally meaning spheres or realms), and named the act of forming these relationships ken-building. We believe that the reorganizing of relationships into self-selected new lifestyle ken that go beyond existing norms will continue. This paper reports on the number of sei-katsu-sha that have ken and how ken differ from traditional associations and relationships.

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
研究レポート

生活者の「好き・熱中にまつわる意識・実態調査」を発表

2017.01.11

「趣味・遊び」より
「睡眠・休息」

研究レポート

生活者にきいた
“2017年 生活気分”を発表

2016.11.21

2017年 ヒット予想

2016年 ヒット商品

研究レポート

生活者が求めるのは、
“生活者支援系テクノロジー”
キーワードは【サンキュー・テック】

2016.10.28

キーワードは「常温」

研究レポート

「常温」 を楽しむ社会へ
~ この先 良くも悪くもならない世の中を、ポジティブに ~

2016.10.03
研究レポート

生活総研とお坊さんが、信仰の未来を考えた。

2016.09.13
研究レポート

「シルバー30年変化」
調査結果を発表

2016.06.24
研究レポート

第1位 急増する外国人観光客

生活者が選ぶ 2016年ヒット予想 発表

2016.01.06
研究レポート

2016年の漢字:1位は「楽」

生活者にきいた2016年 生活気分

2016.01.06
研究レポート

第二回マイビッグデータに関する意識調査レポート:「自分のことを包み隠さず共有できる」のは誰?

2015.08.26
研究レポート

第一回マイビッグデータに関する意識調査レポート:約7割が「積極的に知りたい」と回答

2015.07.16
研究レポート

東京─上海協働レポート vol.3 日中「モノの選び方」比較

2015.03.25
研究レポート

BIG PRESENTATION 2015

デュアル・マス

2014.12.04

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す