研究レポート

2012.12.28

英語版 生活動力2013Extended Offspringhood

At the end of each year, Hakuhodo Institute of Life and Living (HILL) publishes Dynamics of Japanese Sei-katsu-sha, a future outlook on the following year’s sei-katsu-sha trends. Our keyword for 2013 is: Extended Offspringhood.
Japan’s simultaneous declining birthrate, aging population and shrinking overall population have not been experienced by any other country at any time in history, putting Japan in unknown demographic territory. HILL looked at this trend from a fresh perspective, that of individuals as offspring. Japan, today, is set to experience an age of extended offspringhood, where the time between an individual’s birth and the death of both of his or her parents is some six decades. In Japan, both the slice of the population pie made up of offspring, as well as the portion of a person’s lifetime spent as an offspring have grown. Below is our outlook on the future of sei-katsu-sha and society in the midst of this great wave of change.

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

こども20年変化

研究レポート

「こども20年変化」
調査結果を発表

2017.06.08
研究レポート

生活者の「好き・熱中にまつわる意識・実態調査」を発表

2017.01.11

「趣味・遊び」より
「睡眠・休息」

研究レポート

生活者にきいた
“2017年 生活気分”を発表

2016.11.21

2017年 ヒット予想

2016年 ヒット商品

研究レポート

生活者が求めるのは、
“生活者支援系テクノロジー”
キーワードは【サンキュー・テック】

2016.10.28

キーワードは「常温」

研究レポート

「常温」 を楽しむ社会へ
~ この先 良くも悪くもならない世の中を、ポジティブに ~

2016.10.03
研究レポート

生活総研とお坊さんが、信仰の未来を考えた。

2016.09.13
研究レポート

「シルバー30年変化」
調査結果を発表

2016.06.24
研究レポート

第1位 急増する外国人観光客

生活者が選ぶ 2016年ヒット予想 発表

2016.01.06
研究レポート

2016年の漢字:1位は「楽」

生活者にきいた2016年 生活気分

2016.01.06
研究レポート

第二回マイビッグデータに関する意識調査レポート:「自分のことを包み隠さず共有できる」のは誰?

2015.08.26
研究レポート

第一回マイビッグデータに関する意識調査レポート:約7割が「積極的に知りたい」と回答

2015.07.16
研究レポート

東京─上海協働レポート vol.3 日中「モノの選び方」比較

2015.03.25

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す