研究レポート

第一回「アセアン生活定点」調査結果速報

博報堂生活総合研究所と博報堂生活総研アセアンは、アセアン6カ国【シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、ベトナム】の生活者の意識と行動を幅広く観察することを目的に、初の共同調査「アセアン生活定点」調査を実施いたしました。

当調査は日本で1992年より実施している「生活定点」調査の質問項目をベースに、6カ国それぞれ900名(訪問面接法)計5400名に、衣、食、住、健康、遊び、学び、働き、家族、恋愛・結婚、交際、贈答、消費、情報、メディアなど生活のあらゆる領域から約1,000項目に及ぶ質問を投げかけ、各国の生活者の共通点や相違点、根源的な意識のベクトルを読み解きます。

今回は速報として「日本とアセアン6カ国(平均)の差が大きい調査結果」をご報告いたします。下記の5項目を含むTOP20ランキングを添付PDFに記載しております。

ASEAN_WEB5

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す