研究所紹介

上席研究員 / クリエイティブ・ビジネス・プロデューサー

鷲尾 和彦

Kazuhiko Washio
一覧に戻る

プロフィール

戦略コンサルティング、クリエイティブ・ディレクション、新規事業開発など幅広い専門性を通して、地方自治体や産業界とのプロジェクトに数多く従事。プリ・アルスエレクトロニカ賞「デジタルコミュニティ」「ネクストアイデア」部門審査員(2014〜2015年)。
2019年より現職。「生活圏2050」プロジェクト・リーダー。

主な著書に『共感ブランディング』(講談社)、『アルスエレクトロニカの挑戦~なぜオーストリアの地方都市で行われるアートフェスティバルに、世界中から人々が集まるのか』(学芸出版社)等。

気になる未来は、「2050年 世界人口の80%が都市で暮らし、人工の樹木『スマートツリー』が空気を浄化する(未来年表より)」。

主な担当/関連リンク