未来予測の詳細

経済分野計画

2020 年
京都太秦の東映京都撮影所内に仮想現実(VR)、拡張現実(AR)の専門家育成拠点が開設される(太秦=うずまさ)

類型 : 計画
出典 : 日本経済新聞/関西
資料 : クロスリアリティの「VRイノベーションアカデミー京都」開設/京都府XR(AR/VR/MR)活用協議会(2018年創設)の産業拠点「京都クロスメディアパーク」構想
発表 : 2019年12月20日

関連する未来を検索

未来年表は、「FUTURE LAB 未来人」により、編集・制作されています。転載、および、二次利用に際しては、
別途、当該制作者による許諾が必要となります。詳しくは、こちらより、お問い合わせください。

powered by FUTURE LAB 未来人