未来予測の詳細

医療分野政策目標

2020 年
多くの細菌に効果がある反面リスクも高い、広域抗菌薬の使用量が2013年比で半減する(国内。第3世代セファロスポリン薬の使用は日本が世界一)

類型 : 政策目標
出典 : 毎日新聞
資料 : 政府の薬剤耐性(AMR)対策アクションプラン、日本感染症教育研究会(IDATEN)
発表 : 2018年5月2日

関連する未来を検索

未来年表は、「FUTURE LAB 未来人」により、編集・制作されています。転載、および、二次利用に際しては、
別途、当該制作者による許諾が必要となります。詳しくは、こちらより、お問い合わせください。

powered by FUTURE LAB 未来人