お知らせ

『生活者の平成30年史
データでよむ価値観の変化』発刊

博報堂生活総合研究所(以下、生活総研)が、『生活者の平成30年史 データでよむ価値観の変化』を2019年2月22日に出版いたしました。

平成は、平静ではなかった。

生活総研が続けてきた長期時系列調査をもとに、平成という時代を政治・経済や社会の出来事からではなく、生活者の意識や価値観から振り返る一冊。書籍の体裁は時代の大きなうねりをご理解いただけるよう、多数のデータをグラフでわかりやすく紹介するスタイル。平成の生活者の変化が一目瞭然なのはもちろん、この先に起きる未来を見通すヒントも満載。2色。グラフや写真など、ビジュアルも豊富です。

本書でご紹介する、主な長期時系列調査

『生活定点』 1992年から隔年で実施。20~69歳の男女が対象。
『家族調査』 1988年から10年おきに実施。妻の年齢が20~59歳の夫婦が対象。
『子ども調査』 1997年から10年おきに実施。小学4年生~中学2年生の男女が対象。
『高齢者調査』 1986年から10年おきに実施。60~74歳の男女が対象。

<概要>
著者:博報堂生活総合研究所
ページ数:264ページ
定価:2000円+税
発行:日本経済新聞出版社
書店発売日:2019年2月22日

紹介ページはこちら

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す