第5回 新型コロナウイルスに関する生活者調査(2020年8月)

8月の「生活自由度」は54.3点 前月から7.1ポイント大幅減
健康や経済、行政への【不安】も上昇 外食や買い物の【行動抑制】も強まる

博報堂生活総合研究所は2020年8月、新型コロナウイルスの感染が拡大している昨今の生活者意識や行動について「新型コロナウイルスに関する生活者調査」を実施いたしました(調査実施は8月3〜6日、対象は首都圏・名古屋圏・阪神圏の20〜69歳の男女1,500名、一部調査項目については3月より実施 調査概要はPDFの7ページ参照)。

感染拡大以前の普段の状態を100点としたとき、現在の状況下における「生活自由度」が何点くらいかをきいたところ、54.3点となりました。
7月から7.1ポイントの下降。4月と同じ数値となりました。7月から8月にかけ感染者が再び急増。連日の感染拡大報道、東京都の営業自粛再要請(7/30発表、8/3から)、愛知県の緊急事態宣言(8/5発表、8/6から)が出る中、 6月以降高まってきた生活自由度は減少に転じました。
また新型コロナウイルス感染拡大に伴う不安や、抑制している行動、変化している行動など41項目について尋ねたところ、【不安度】はすべての項目で7月調査より上昇。経済、健康不安だけでなく、「行政への不安」(82.9%、6.5ポイント増)、「情報の不足や不確かさへの不安」(72.7%、5.1ポイント増)も高まりました。【行動抑制度】も、「外出を控えている」(88.8%、5.8ポイント増)ほか、すべての項目で増加。また【行動変化度】は各項目の増減はまちまちですが、「マスク、手洗いなど感染対策の徹底」が(93.6%、1.9ポイント増)とさらに高まり、「外出を控え、家の中でできる娯楽を楽しんでいる」(73.1%、2.0ポイント増) など、屋内行動が再び増加。6月以降、行動抑制は徐々に緩み、「家から外へ」シフトがみられましたが、再び抑制が高まり、「外から家へ」の動きがうかがえます。

本調査は当面の期間実施し、毎月第3・4週頃に発表する予定です(今後の状況変化により、調査内容等を変更する可能性があります)。

新型コロナウイルス影響下での「生活自由度」

【質問文】 新型コロナウイルス感染拡大以前の普段の状態を100点、感染拡大により極めて不自由を強いられる状態を0点とすると、あなたの現在の暮らしの自由度は何点くらいでしょうか?

※数値は小数第2位まで集計していますが、本レポートでは小数第1位まで(小数第2位を
四捨五入)を表示しているため、点数差は見た目の数値と異なる場合があリます。

新型コロナウイルス影響下での意識・行動【一部抜粋】

【質問文】 新型コロナウイルスの流行に関連して、次のような意見があります。それぞれについて、あなた自身のお気持ちや行動にもっとも近いものをひとつずつお答えください。(単一回答:あてはまる/ややあてはまる/あまりあてはまらない/あてはまらない)

詳しくは、こちらのPDFをご覧ください。

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースリリース

11月の「生活自由度」は61.4点
3か月連続で上昇、7月の最高値と同値に

2020.11.20
ニュースリリース

生活者にきいた
“2021年 生活気分” を発表

2020.11.18
ニュースリリース

『生活定点1992-2020』の最新結果を発表
2018年から2020年にかけて大きく変化した生活者

2020.11.04
ニュースリリース

生活者が選ぶ“2021年 ヒット予想”&“2020年 ヒット実感”
生活者が予想する「ニュー・ノーマル」は

2020.10.28
ニュースリリース

10月の「生活自由度」は59.7点 9月から1.4ポイント増
前月に続き【不安】、【行動抑制】とも全項目で緩和

2020.10.15
ニュースリリース

9月の「生活自由度」は58.3点 8月から4.0ポイント増
【不安】はすべての項目で減少、【行動抑制】も緩和

2020.09.17
ニュースリリース

生活総研×メルカリ共同研究リリース
フリマアプリが現代のおさがり⽂化を支える実態が明らかに

2020.08.31
ニュースリリース

7月の「生活自由度」は61.4点 前月から約4ポイント上昇で最高値更新
「家から外へ」のシフトが緩やかに進むも、約7割は「この夏旅行の予定ない」

2020.07.16
ニュースリリース

緊急事態宣言解除後の「生活自由度」は57.0点 前月から約6ポイント上昇
生活者の行動は緩やかに「家から外へ」とシフト

2020.06.18
ニュースリリース

緊急事態宣言下の「生活自由度」は51.2点 前月から3pt低下
特別定額給付金の使途は「決めていない」が35.7%で最多

2020.05.21
ニュースリリース

現在の生活自由度、普段の暮らしを100点とすると54.3点
不安に感じることのトップは「経済の停滞」91.2%

2020.04.20
ニュースリリース

「キャッシュレス社会」に
賛成63% : 反対37%
2年前の調査から賛成が14ポイント増加し多数派に

2020.02.04

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す