未来予測の詳細

資源分野計画

2021 年
水深50-100メートルの海に設置可能な次世代型浮体式洋上風力発電装置が、北九州市若松区沖での実験を終える(2021年度。従来型は水深100-200メートルに設置)

類型 : 計画
出典 : 読売新聞西部版
資料 : 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、丸紅、日立造船、九電みらいエナジーなどの実験
発表 : 2018年8月15日

関連する未来を検索

未来年表は、「FUTURE LAB 未来人」により、編集・制作されています。転載、および、二次利用に際しては、
別途、当該制作者による許諾が必要となります。詳しくは、こちらより、お問い合わせください。

powered by FUTURE LAB 未来人