未来予測の詳細

交通分野計画

2022 年
東京港の大井埠頭が、コンテナの取扱量を年90万TEUに高める(現状は年70万TEU程度。埠頭=ふとう)

類型 : 計画
出典 : 日本経済新聞/東京
資料 : 商船三井
発表 : 2018年10月2日

関連する未来を検索

未来年表は、「FUTURE LAB 未来人」により、編集・制作されています。転載、および、二次利用に際しては、
別途、当該制作者による許諾が必要となります。詳しくは、こちらより、お問い合わせください。

powered by FUTURE LAB 未来人