未来予測の詳細

宇宙分野政策目標

2020 年
国際宇宙探査協働グループ(ISECG)が、このころ月または小惑星で火星滞在に必要な技術の確立に取り組む(2020年代前半-30年代半ば)

類型 : 政策目標
出典 : 毎日新聞
資料 : 国際宇宙探査協働グループ(ISECG)の火星探査ロードマップ/文部科学省宇宙開発委員会報告(28日)
発表 : 2011年9月29日

関連する未来を検索

未来年表は、「FUTURE LAB 未来人」により、編集・制作されています。転載、および、二次利用に際しては、
別途、当該制作者による許諾が必要となります。詳しくは、こちらより、お問い合わせください。

powered by FUTURE LAB 未来人