未来予測の詳細

医療分野計画

2022 年
佐賀大学を含む研究チームが開発した、絆創膏型の人工皮膚(高密度コラーゲン繊維)が実用化する(やけどの応急処置に便利)

類型 : 計画
出典 : 佐賀新聞
資料 : 佐賀大医学部病因病態科学講座青木茂久准教授、祐徳薬品工業
発表 : 2015年6月14日

関連する未来を検索

未来年表は、「FUTURE LAB 未来人」により、編集・制作されています。転載、および、二次利用に際しては、
別途、当該制作者による許諾が必要となります。詳しくは、こちらより、お問い合わせください。

powered by FUTURE LAB 未来人