研究所紹介

客員研究員 東北博報堂

武田陽介

たけだようすけ
一覧に戻る

プロフィール

2006年福島博報堂入社。2012年東北博報堂に転籍。
プラナー兼コピーライターとして、地方自治体、通信、流通、地銀、医療機関など東北各エリアのクライアント業務にてクリエイティブ開発に従事。2013年~2014年博報堂ビジネスアーツ出向。

気になる未来は、「2082年 地球温暖化の影響により、早ければこのころ、東北地方の内陸部と山沿いで桜(ソメイヨシノ)の開花日が20-24日早まる(2082-2100年)(未来年表より)」。

あたらしい言葉が生まれる時、必ずそこには、あたらしいライフスタイルや、価値観や、現象の姿があります。言葉が時代をつくったり、言葉が時代を告げたり。言葉というフィルターを通して、自分や社会の未来をみつめてみたい。