グラフの形から探す

山型

3回以上調査しており、上昇期間(3ポイント以上の下降がない期間)と下降期間(3ポイント以上の上昇がない期間)に二分でき、上昇期間の最小値と下降期間の最小値がどちらもグラフの両端から1/4の期間内にあり、それらと最大値との差が10ポイント以上ある項目。【最大値と最小値との差(上昇期間・下降期間)の合計値が大きい順】

もっと見る

2016年調査結果の要点をまとめたリリース

詳しくはこちら

PageTop