研究レポート

研究タグ
2017.07.18

~ 1997年 → 2007年 → 2017年 ~

「こども20年変化」
調査結果 続報を発表

博報堂生活総合研究所は1997年から10年毎に、小学4年生から中学2年生の子どもたちを対象に、ほぼ同じ質問内容のアンケート調査を続けてきました(1997年・2007年・2017年の3時点で実施)。
今回は、6月に発表した調査結果の「続報」をご報告します。

【調査概要】
◆調査手法:訪問留置自記入法
◆調査対象:小学4年生〜中学2年生の男女
◆調査時期:2017年2月15日~3月21日
◆調査地域:首都40Km圏
◆調査人数:首都圏800人
(1997年・2007年の調査概要はリリースPDF P.7参照)

【1997年 → 2017年:「こども20年変化」のポイント(続報)】

【旅行・海外意識】

家族旅行で行きたいのは、海外より国内

- 家族旅行で行きたい場所[日本]:97年 41.3% → 17年 60.0% (+18.7pt) ※過去最高
- 家族旅行で行きたい場所[外国]:97年 44.2% → 17年 30.5% (▲13.7pt) ※過去最低

海外への関心は低下

- 日本のことを考えるべき:97年 37.3% → 17年 54.0% (+16.7pt) ※過去最高
- 世界全体のことを考えるべき:97年 61.8% → 17年 45.9% (▲15.9pt) ※過去最低
- 海外留学をしたいとは思わない(2017年のみ):17年 76.0% 
- 海外で仕事をしたいとは思わない(2017年のみ):17年 87.6%

【メディア意識】

一番欲しいものは、自分専用のスマートフォン

- 自分が新しく買いたいもの(2017年のみ):17年 自分専用のスマートフォン 44.9%、自分専用のスマートフォン 44.9%、自分専用のスマートフォン 44.9%の順

テレビの信頼度が上昇、ネットは低下

- インターネットの話は本当のことが多い(2007年から):07年 40.8% → 17年29.0% (▲11.8pt) ※過去最低
- テレビの話は本当のことが多い:97年 47.9% → 17年 71.3% (+23.4pt) ※過去最高

SNSとは慎重につきあう

- SNSで知り合った人に会うのはこわいと思う(2017年のみ):17年 62.5%
- SNSを使うときは気をつかう(2017年のみ):17年 53.4%

 

詳しくは下記PDFをご覧ください。

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
研究レポート

「こども20年変化 タダ・ネイティブ、あらわる」 調査データを一般公開

2017.07.26
研究レポート

「こども20年変化」
調査結果 続報を発表

2017.07.18

こども20年変化

研究レポート

「こども20年変化」
調査結果を発表

2017.06.08
研究レポート

生活者の「好き・熱中にまつわる意識・実態調査」を発表

2017.01.11

「趣味・遊び」より
「睡眠・休息」

研究レポート

生活者にきいた
“2017年 生活気分”を発表

2016.11.21

2017年 ヒット予想

2016年 ヒット商品

研究レポート

生活者が求めるのは、
“生活者支援系テクノロジー”
キーワードは【サンキュー・テック】

2016.10.28

キーワードは「常温」

研究レポート

「常温」 を楽しむ社会へ
~ この先 良くも悪くもならない世の中を、ポジティブに ~

2016.10.03
研究レポート

生活総研とお坊さんが、信仰の未来を考えた。

2016.09.13
研究レポート

第1位 急増する外国人観光客

生活者が選ぶ 2016年ヒット予想 発表

2016.01.06
研究レポート

2016年の漢字:1位は「楽」

生活者にきいた2016年 生活気分

2016.01.06
研究レポート

第二回マイビッグデータに関する意識調査レポート:「自分のことを包み隠さず共有できる」のは誰?

2015.08.26
研究レポート

第一回マイビッグデータに関する意識調査レポート:約7割が「積極的に知りたい」と回答

2015.07.16

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す