研究レポート

第二弾「夫婦の家事・育児分担」編

「家族30年変化」調査結果 第二弾を発表
夫の家事参加意識はこの30年で最高になるも、実態はまだまだ妻に偏り

博報堂生活総合研究所は1988年から10年毎に、サラリーマン世帯の夫婦を対象にアンケート調査「家族調査」を行ってきました(1988年・1998年・2008年・2018年の4時点で実施)。30年間におよぶ時系列分析であることに加え、夫と妻それぞれに同じ質問を投げかけて反応のギャップをみるという特徴をもった調査です。

6月11日の第一弾に引き続き、今回の発表では第二弾「夫婦の家事・育児分担」編として、家庭内の家事・育児分担の状況や意識などの変化に焦点を当て、ポイントとなった調査結果を中心にお伝えいたします。

【調査概要】
◆調査地域:首都40Km圏
◆調査対象:妻の年齢が20~59歳の夫婦が同居する世帯 630世帯(夫630人・妻630人 合計1,260人)
◆調査手法:訪問留置自記入法
(※1988年・1998年・2008年を含む、調査概要の詳細はリリースPDF P.6参照)

【「家族30年変化」調査結果のポイント】

【夫婦の家事・育児参加意識】
夫の家事・育児参加の意識は30年間で最高に

- 「夫も家事を分担すべき」との質問に「そう思う」と答えた夫は過去最高に(1988年38.0%→2018年81.7%)
- 「夫も育児を分担すべき」との質問に「そう思う」と答えた夫は過去最高に(1988年45.8%→2018年88.9%)
- 30年かけて、妻の意識に夫の意識が追いついた格好に(「夫も家事を分担すべき」妻の回答2018年85.1%)。

【夫婦の家事参加実態】
夫の家事参加実態は30年で高まるも、まだまだ妻に及ばず

-実際の家事参加では「食事のしたく」「洗濯」「部屋のそうじ」などの項目で、夫の参加状況は過去最高に
(「食事のしたく」をすることがよくある 夫1988年3.7%→2018年13.7%など)。
- 妻の家事参加との比較では、まだまだ妻に偏り(「食事のしたく」をすることがよくある 妻2018年97.1%など)。

【夫婦の役割分担(2018年のみ調査)】
理想は「平等」「できる方がやる」が過半数、現実は旧来型分業が7割

- 夫婦の役割分担の理想は、夫・妻とも「平等に分担」「その時できる方がやる」が過半数に。
- しかし現実の役割分担は、「妻が家庭内、夫が家庭外の役割を担う」が7割にのぼる。
- 現状の役割分担への満足度は、夫が妻を上回る(夫80.2%・妻68.3%)。

【仕事と家庭の両立意識(2018年のみ調査)】
夫の4人に1人が「仕事を減らして家事・育児に関わりたい」

- 夫の4人に1人、妻の5人に1人が「外の仕事の負担を減らして、もっと家事・育児をしたい」。
- 一方で夫の5人に1人、妻の3人に1人が「仕事と家庭の両立のため、やりたい仕事を断念しているところがある」との回答も。

 

詳しくはこちらのPDFをご覧ください。

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す