研究レポート

2010.12.01

日本型成熟モデルを考えるシリーズ[第1回]生活動力2011「動の成熟」

毎年、生活総研では「生活動力」と名付けた未来予測を発表しています。
今回の生活動力のテーマは「動の成熟」です。バブル崩壊後、マクロ環境の重圧は、日本から世界、経済から生活全般へと常に深刻化し、人々の気分をずっと落ち込ませ続けていました。しかし2010 年の今年、その落ち込みがようやく止まりました。楽観的でも悲観的でもなく冷静に現状を捉えながら、能動的に生活を変革させる。身の回りの暮らしから自ら楽しみを見いだすなど、主体的かつ動的な生活者の行為が、新しい生活像「動の成熟」を生み出していると捉えました。この生活者変化の背景と原動力、その方向性についてご報告します。

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
研究レポート

生活者の「好き・熱中にまつわる意識・実態調査」を発表

2017.01.11

「趣味・遊び」より
「睡眠・休息」

研究レポート

生活者にきいた
“2017年 生活気分”を発表

2016.11.21

2017年 ヒット予想

2016年 ヒット商品

研究レポート

生活者が求めるのは、
“生活者支援系テクノロジー”
キーワードは【サンキュー・テック】

2016.10.28

キーワードは「常温」

研究レポート

「常温」 を楽しむ社会へ
~ この先 良くも悪くもならない世の中を、ポジティブに ~

2016.10.03
研究レポート

生活総研とお坊さんが、信仰の未来を考えた。

2016.09.13
研究レポート

「シルバー30年変化」
調査結果を発表

2016.06.24
研究レポート

第1位 急増する外国人観光客

生活者が選ぶ 2016年ヒット予想 発表

2016.01.06
研究レポート

2016年の漢字:1位は「楽」

生活者にきいた2016年 生活気分

2016.01.06
研究レポート

第二回マイビッグデータに関する意識調査レポート:「自分のことを包み隠さず共有できる」のは誰?

2015.08.26
研究レポート

第一回マイビッグデータに関する意識調査レポート:約7割が「積極的に知りたい」と回答

2015.07.16
研究レポート

東京─上海協働レポート vol.3 日中「モノの選び方」比較

2015.03.25
研究レポート

BIG PRESENTATION 2015

デュアル・マス

2014.12.04

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す