研究レポート

研究タグ
2017.07.26

~ 1997年 → 2007年 → 2017年 ~

「こども20年変化 タダ・ネイティブ、あらわる」 調査データを一般公開

博報堂生活総合研究所は、サマーセミナー2017「こども20年変化 タダ・ネイティブ、あらわる」を、7月26日(水)JPタワーホール&カンファレンスで開催しました。

本セミナーでは、1997年より博報堂生活総合研究所が10年おきに行ってきた子ども(小学4年生~中学2年生)を対象とする大規模調査の時系列分析をもとに、日本を生きる子どもたちの変化を紹介。

それに伴い、1997年→2007年→2017年の3時点20年間にわたって、子どもの意識や欲求、行動の変化を約580項目で追うことができる調査データを、無償で一般公開しております。

以下よりダウンロードして、是非ご活用ください。

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す