研究レポート

研究タグ
2017.07.26

~ 1997年 → 2007年 → 2017年 ~

「こども20年変化 タダ・ネイティブ、あらわる」 調査データを一般公開

博報堂生活総合研究所は、サマーセミナー2017「こども20年変化 タダ・ネイティブ、あらわる」を、7月26日(水)JPタワーホール&カンファレンスで開催しました。

本セミナーでは、1997年より博報堂生活総合研究所が10年おきに行ってきた子ども(小学4年生~中学2年生)を対象とする大規模調査の時系列分析をもとに、日本を生きる子どもたちの変化を紹介。

それに伴い、1997年→2007年→2017年の3時点20年間にわたって、子どもの意識や欲求、行動の変化を約580項目で追うことができる調査データを、無償で一般公開しております。

以下よりダウンロードして、是非ご活用ください。

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
研究レポート

デジタル革命時代の生活者と体験のキザシ

2018.02.09
研究レポート

お金と幸せの関係についても、
分かれる生活者の価値観。

2018.01.15
研究レポート

「キャッシュレス社会」に賛成49% : 反対51% 賛否は真っ二つ。
男女で意見は正反対(男性は賛成、女性は反対が多数)。

2017.12.15
研究レポート

生活者にきいた
“2018年 生活気分” を発表

2017.11.17
研究レポート

生活者が求めるのは、
“自分ひとりでなんとかする”を支える商品・サービス
キーワードは【ひとり助け】

2017.10.27
研究レポート

「こども20年変化 タダ・ネイティブ、あらわる」 調査データを一般公開

2017.07.26
研究レポート

「こども20年変化」
調査結果 続報を発表

2017.07.18

こども20年変化

研究レポート

「こども20年変化」
調査結果を発表

2017.06.08
研究レポート

生活者の「好き・熱中にまつわる意識・実態調査」を発表

2017.01.11

「趣味・遊び」より
「睡眠・休息」

研究レポート

生活者にきいた
“2017年 生活気分”を発表

2016.11.21

2017年 ヒット予想

2016年 ヒット商品

研究レポート

生活者が求めるのは、
“生活者支援系テクノロジー”
キーワードは【サンキュー・テック】

2016.10.28

キーワードは「常温」

研究レポート

「常温」 を楽しむ社会へ
~ この先 良くも悪くもならない世の中を、ポジティブに ~

2016.10.03

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す