研究所紹介

一般販売書籍

一覧に戻る

デジノグラフィ
インサイト発見のためのビッグデータ分析

発行日:2021/3/5
価格:2,035円(本体1,850円+税)

概要

検索履歴、位置情報、SNS投稿、自撮り画像、購買履歴…
ビッグデータから洞察する生活者の見えざる欲求

「デジノグラフィ」とは、デジタル空間上のビッグデータをエスノグラフィ(生活の現場を観察したり、そこで暮らす人々の声をインタビューで深掘りする調査手法)の視点で分析し、生活者の見えざる価値観や欲求を発見するデータ分析の新手法。約40年にわたって生活者の欲求や変化を掘り起こしてきた博報堂生活総合研究所だからこその、ビッグデータ活用の“別解”とも言うべきアプローチです。

ビッグデータを従来のような「施策の効率化」や「最適化」のために使うのではなく、「新しいアイデア」を生み出すために使う点に最大の特徴があります。

本書では、デジノグラフィによって明らかになった、生活者の隠れた実態やインサイトの数々を紹介すると共に、生活者の欲求や変化を読み解く独自の手法とノウハウを、誰もが活用できる「10の技法」として公開します。

目次

1章  なぜ今、デジノグラフィなのか?
   ・ビッグデータはあなたの第三の眼
   ・民主化されるビッグデータ分析
   ・デジノグラフィ流、ビッグデータの歩き方
2章 隠れた本音と無意識をあばく
   ・建前抜きの、恋愛の本音をあばく
   ・夫婦喧嘩の本音をあばく
   ・生活者自身が知りえない、無意識の行動をあばく
   ・コロナ禍の検索データに現れた本音
   ・インスタ映えの本音をあばく
   ・Wikipediaに現れる、みんなの無意識
3章 膨大なデータ量がもたらす、驚きの解像度
   ・年代から年齢へ 新たな壁を可視化する
   ・波形を重ねることで見えてくるもの
   ・帯域から点へ、ピンポイント分析でわかること
   ・n=1を継続的に追う
   ・マイビッグデータの時代にできる新しいアンケート調査
   ・億単位の生声がもたらすもの
4章  今日からはじめるデジノグラフィ10の技法
   ・ビッグデータをフィールドワーク
   ・ビッグデータの観察技法
   ・キラーデータの抽出方法

登録情報

サイズ:四六判
ページ数:229
料金:2,035円(本体1,850円+税)
著者:博報堂生活総合研究所
発行所:宣伝会議
発行日:2021/3/5