ニュースリリース

2月消費予報

42.9

前月比前年比

-8.5

+1.2

来月の消費予報

2月の消費意欲指数は、例年通り落ち込むも 過去5年では同月の最高値に

2022.01.27
コロナ禍と生活者

1月の「生活自由度」は61.4点で、高い水準を維持。感染者は増加傾向ながら、「不安」も「行動の抑制」もゆるむ

2022.01.24
1月消費予報

51.4

前月比前年比

-4.7

+2.8

来月の消費予報

消費意欲指数は1月における過去5年の最高値に。 コロナ禍の影響は限定的で、消費意向は多くのカテゴリーで前年比増

2021.12.24
コロナ禍と生活者

12月の「生活自由度」は61.3点、先月から微減だが今年2番目の高さ。 オミクロン株懸念を受け、「不安」は高まる

2021.12.20
12月消費予報

56.1

前月比前年比

+8.2

+1.2

来月の消費予報

消費意欲指数は、コロナ禍以前の12月らしい高まりを取り戻す。 幅広いカテゴリーで消費意向が旺盛に

2021.11.26
ニュースリリース

“2022年 生活気分”
景気予想は「良くなる」が過去最高を更新。
「旅行」 「外食」 「貯金」にお金をかけたい

2021.11.24
コロナ禍と生活者

11月の「生活自由度」は、2か月連続で増加。調査開始以来、最も高い61.9点に

2021.11.19
ニュースリリース

“2022年 ヒット予想” 生活者が選んだのは、小さな動きで大きな喜びを得る商品・サービス。
キーワードは【動かず、動かす】

2021.10.28
11月消費予報

47.9

前月比前年比

+1.8

-0.9

来月の消費予報

緊急事態宣言解除の影響もあり、11月の消費意欲指数は 緩やかに上昇。男性の意欲向上が目立つ

2021.10.26
コロナ禍と生活者

「緊急事態宣言」解除直後の10月の「生活自由度」は 57.2点に大幅増加し、今年2番目の高さに

2021.10.20
10月消費予報

46.2

前月比前年比

+0.6

-1.9

来月の消費予報

10月の消費意欲指数は、前月から横ばいながら、 季節的な消費で女性の意欲向上。

2021.09.27
コロナ禍と生活者

9月の「生活自由度」は51.9点に減少し、過去2番目の低さに。 感染者・重症者が増える中、不安も行動の抑制も再び強まる

2021.09.17
9月消費予報

45.6

前月比前年比

-3.3

-1.2

来月の消費予報

9月の消費意欲指数は、夏休みの反動で前月より低下。 前年と比べ、カテゴリー別消費意向は幅広い分野で増加。

2021.08.26
コロナ禍と生活者

8月の「生活自由度」は54.7点で、前月から微減。 感染者増の中、不安はやや高まるも、行動の抑制は強まっていない

2021.08.20
8月消費予報

48.8

前月比前年比

-0.1

-0.7

来月の消費予報

8月の消費意欲指数は48.8点。例年の夏ほどの高まりはなく、8月としては過去5年の最低値に。

2021.07.26
コロナ禍と生活者

7月の「生活自由度」は55.8点で、2か月連続の増加。 不安も行動の抑制も引き続きゆるむ

2021.07.19
7月消費予報

48.9

前月比前年比

+3.7

-2.9

来月の消費予報

7月の消費意欲指数は、例年並みの上昇で今年の最高値に 女性を中心に外出関連カテゴリーが前月から増加

2021.06.25
コロナ禍と生活者

6月の「生活自由度」は54.3点に微増。 緊急事態宣言が主要都道府県で続くも、不安や行動の抑制はゆるむ

2021.06.18
6月消費予報

45.2

前月比前年比

-2.4

-2.6

来月の消費予報

コロナ禍の長期化と感染者増が影響し、 消費意欲指数は6月として過去10年の最低値に

2021.05.26
コロナ禍と生活者

5月の「生活自由度」は53.3点に減少し、昨年5月に次ぐ2番目の低さに。不安も行動の抑制も再び強まる

2021.05.21
コロナ禍と生活者

コロナ禍1年を経て、「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」が56.3%と過半数。 その理由には若年層と高齢層で違いも。

2021.04.30
5月消費予報

47.6

前月比前年比

-0.1

+5.1

来月の消費予報

コロナ感染再拡大への不安が高まるも、 消費意欲指数は、大型連休のある5月らしい水準に

2021.04.26
コロナ禍と生活者

4月の「生活自由度」、2か月連続で増加
「行動の抑制度」も2か月連続でゆるむ

2021.04.16
4月消費予報

47.7

前月比前年比

+1.2

+2.4

来月の消費予報

消費意欲指数は、4月としては過去5年の最高値。 幅広いカテゴリーで高い消費意向もみられる

2021.03.26

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す