研究タグ
2019.07.16

第二弾 「サービス利用実態・意向」編

「消費1万人調査」調査結果を発表
「ネットスーパー」の利用意向、全年代で3割超え

博報堂生活総合研究所はこのたび、「消費1万人調査」を行いました。この調査では、個人間取引や中古品売買の増加、所有せずに定額で利用するサービスの登場など、消費環境が大きく変化するなかで、生活者の買い物・消費に関する価値観や行動がどう変わったのか、全国の15~69歳の男女1万人に対して聴取しました。(調査概要の詳細はPDFのp.4参照)

今回の発表は、第二弾「サービス利用実態・意向」編です(第一弾は「平成の消費観・消費行動に影響を与えたもの」編)。近年登場した消費・買い物周りのサービスについて、「現在利用している」「今後利用したい」と回答した人の割合をお伝えいたします。

【全体の特徴】
「ネットスーパー」は全年代で利用意向が3割超え。現在の利用率を大きく上回る

- 「ネットスーパー」の利用実態(利用率)は11.4%にとどまるものの、今後の利用意向では調査対象の10~60代すべての年代で3割台となっており、利用の広がりが予想されます。
- 利用意向と利用率の差をみると、「ネットスーパー(21.6ポイント)」に次いで「インターネット上の家計簿サービスやアプリ」が15.4ポイント、「フリマアプリ(出品・販売)」が14.3ポイントと伸びが大きくなっています。

【年代別の特徴】
10~20代で「音楽や動画などのサブスクリプション」 利用意向が4割弱
10代で「フリマアプリ」 利用意向が過半数

- 「フリマアプリ(購入)(出品・販売)」や「インターネット上の家計簿サービスやアプリ」、「音楽や動画などのサブスクリプションサービス」、「スマホゲームへの課金」などの新しいサービスは、若い人ほど利用率・利用意向ともに高い傾向となりました。
- 「フリマアプリ(購入)(出品・販売)」は、10~30代で利用率が約3~4割となり、利用意向では4割を上回りました。
特に10代では、購入の利用意向が58.6%、出品・販売の利用意向が55.9%と、それぞれ過半数に上っています。
- 「音楽や動画などのサブスクリプションサービス」は、10~20代では2割以上が「現在利用している」と回答しており、利用意向でも4割弱と高くなっています。今後10~20代を中心に、利用が広がりそうです。

【男女別の特徴】
男性は「ネットオークション」、女性は「フリマアプリ」の利用率・利用意向が高い

- 男性では、「インターネットオークション(購入)」の利用率・利用意向が女性より約14ポイント高くなりました。
また「インターネットオークション(販売)」も同様に、利用意向が女性よりも高くなっています。
-  一方女性では、「フリマアプリ(購入)」の利用率が男性より6.4ポイント高い25.4%、利用意向も5.1ポイント高い35.3%となっています。また「フリマアプリ(出品・販売)」は利用率が21.7%、利用意向が35.8%と男性よりそれぞれ約7ポイント高くなっており、男女で傾向の違いがみられます。

詳しくはこちらのPDFをご覧ください。

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースリリース

9月の「生活自由度」は58.3点 8月から4.0ポイント増
【不安】はすべての項目で減少、【行動抑制】も緩和

2020.09.17
ニュースリリース

生活総研×メルカリ共同研究リリース
フリマアプリが現代のおさがり⽂化を支える実態が明らかに

2020.08.31
ニュースリリース

8月の「生活自由度」は54.3点 前月から7.1ポイント大幅減
健康や経済、行政への【不安】も上昇 外食や買い物の【行動抑制】も強まる

2020.08.20
ニュースリリース

7月の「生活自由度」は61.4点 前月から約4ポイント上昇で最高値更新
「家から外へ」のシフトが緩やかに進むも、約7割は「この夏旅行の予定ない」

2020.07.16
ニュースリリース

緊急事態宣言解除後の「生活自由度」は57.0点 前月から約6ポイント上昇
生活者の行動は緩やかに「家から外へ」とシフト

2020.06.18
ニュースリリース

緊急事態宣言下の「生活自由度」は51.2点 前月から3pt低下
特別定額給付金の使途は「決めていない」が35.7%で最多

2020.05.21
ニュースリリース

現在の生活自由度、普段の暮らしを100点とすると54.3点
不安に感じることのトップは「経済の停滞」91.2%

2020.04.20
ニュースリリース

「キャッシュレス社会」に
賛成63% : 反対37%
2年前の調査から賛成が14ポイント増加し多数派に

2020.02.04
ニュースリリース

「時間に関する意識調査」結果発表
生活を「高速化したい」57% vs 「低速化したい」43%

2020.01.15
ニュースリリース

生活者にきいた
“2020年 生活気分” を発表

2019.11.28
ニュースリリース

生活者が選ぶ “2020年 ヒット予想” &“2019年 ヒット商品”ランキング
キーワードは【変化本番】

2019.10.29

増税に関する生活者調査

ニュースリリース

「増税に関する生活者調査」
調査結果を発表
10月増税で、生活は「変化しない」が55.3%

2019.09.19

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す