2020.11.04

生活者の意識・行動・価値観の時系列観測調査

『生活定点1992-2020』の最新結果を発表
2018年から2020年にかけて大きく変化した生活者

博報堂生活総合研究所では、1992年から隔年で生活者の価値観やライフスタイルを幅広く聴取する時系列調査『生活定点』を続けています(対象は首都圏・阪神圏の20~69歳の男女)。今年はその実施年となりましたが、生活者の変化の規模は金融破綻などが起きた1996年~2000年頃に匹敵する大きなものとなり、過去最高/最低を更新する項目も目立ちました。

本リリースでは2018年から2020年にかけて、大きく変化した主な項目についてご紹介いたします。調査データからは、コロナ禍で気がかりや不安が高まる一方、生活全般のデジタル化を加速したり、従来の慣習によらない新しい体験を取り入れようとする生活者の姿がみえてきました。

隔年ごとの変化の総量

(※)1992年から比較可能な306項目について、前回調査との回答率の差分の絶対値を足しあげたもの

1992年から比較可能な306項目について、隔年ごとの変化の総量を比較すると、2018年-2020年は568.3ポイント。この2年間で生活者の価値観やライフスタイルは、1996-1998年の643.8ポイント、1998年-2000年の623.6ポイントに次いで大きく変化したことがわかりました。

2018年-2020年で大きく変化した主な項目

詳しくは下記PDFをご覧ください。

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースリリース

6月の「生活自由度」は54.3点に微増。 緊急事態宣言が主要都道府県で続くも、不安や行動の抑制はゆるむ

2021.06.18
ニュースリリース

5月の「生活自由度」は53.3点に減少し、昨年5月に次ぐ2番目の低さに。不安も行動の抑制も再び強まる

2021.05.21
ニュースリリース

コロナ禍1年を経て、「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」が56.3%と過半数。 その理由には若年層と高齢層で違いも。

2021.04.30
ニュースリリース

4月の「生活自由度」、2か月連続で増加
「行動の抑制度」も2か月連続でゆるむ

2021.04.16
ニュースリリース

3月の生活自由度は減少に歯止め。
不安、 行動抑制も和らぐ

2021.03.19
ニュースリリース

生活自由度は3か月連続で減少し、54.9点に
暮らしの中の行動抑制はさらに強まる

2021.02.19
ニュースリリース

1月の「生活自由度」は56.3点 2か月連続減
不安、行動抑制も強まる

2021.01.22
ニュースリリース

12月の「生活自由度」は58.9点
9月以後の増加から、一転減少へ

2020.12.18
ニュースリリース

Z世代のスマホの写真・動画保存点数は、平均2,914点
特に10代後半は “自撮り” より芸能人の “推し撮り”

2020.12.03
ニュースリリース

11月の「生活自由度」は61.4点
3か月連続で上昇、7月の最高値と同値に

2020.11.20
ニュースリリース

生活者にきいた
“2021年 生活気分” を発表

2020.11.18
ニュースリリース

生活者が選ぶ“2021年 ヒット予想”&“2020年 ヒット実感”
生活者が予想する「ニュー・ノーマル」は

2020.10.28

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す