第二回マイビッグデータに関する意識調査レポート:「自分のことを包み隠さず共有できる」のは誰?

博報堂生活総合研究所(所長:石寺修三)は自分自身の身体に関する大量の情報「マイビッグデータ(※1)」に関する意識調査を2015年5月に実施、このたび第二回調査レポートを発表いたします(※2)。

本調査は、ウェアラブル端末や遺伝子検査などの発展・浸透によって飛躍的に増加が見込まれる、これまで知ることができなかった自分自身の情報、マイビッグデータに対する生活者の意識について調査・分析をしています。

第二回レポートは「生活者のプライバシー意識」をテーマにしています。

博報堂生活総合研究所は2015年7月24日に「自分のデータは自分で使う マイビッグデータの衝撃」(星海社新書)を発売しており、今後も同領域に関する調査・研究を進めてまいります。

【調査結果のポイント】
●マイビッグデータを包み隠さず共有できる存在は“いない”が過半数
53.8%の人が「自分のことを包み隠さず共有できる」存在はいないと回答。既婚者でも配偶者を挙げる人は4分の1以下。

●「もっとよく知りたい」相手は“異性”と“ペット”に集中
「もっと○○のココロが分かればいいのに」と思う存在は、異性(恋人や配偶者)とペットがほぼ同率。女性ではペットが異性を上回る

詳しくは下記PDFをご覧ください。

(※1)当リリースにおける「マイビッグデータ」とは、ウェアラブル端末で計測される活動量、脈拍データや、遺伝子検査で明らかになる病気リスクや潜在能力レベル、スマートフォンに蓄積される行動ログデータなどの、「自分の身体状態に関する大量のデータの集積」と定義します。

(※2)第一回マイビッグデータに関する意識調査レポート:約7割が「積極的に知りたい」と回答(2015年7月16日)

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースリリース

緊急事態宣言解除後の「生活自由度」は57.0点 前月から約6ポイント上昇
生活者の行動は緩やかに「家から外へ」とシフト

2020.06.18
ニュースリリース

緊急事態宣言下の「生活自由度」は51.2点 前月から3pt低下
特別定額給付金の使途は「決めていない」が35.7%で最多

2020.05.21
ニュースリリース

現在の生活自由度、普段の暮らしを100点とすると54.3点
不安に感じることのトップは「経済の停滞」91.2%

2020.04.20
ニュースリリース

「キャッシュレス社会」に
賛成63% : 反対37%
2年前の調査から賛成が14ポイント増加し多数派に

2020.02.04
ニュースリリース

「時間に関する意識調査」結果発表
生活を「高速化したい」57% vs 「低速化したい」43%

2020.01.15
ニュースリリース

生活者にきいた
“2020年 生活気分” を発表

2019.11.28
ニュースリリース

生活者が選ぶ “2020年 ヒット予想” &“2019年 ヒット商品”ランキング
キーワードは【変化本番】

2019.10.29

増税に関する生活者調査

ニュースリリース

「増税に関する生活者調査」
調査結果を発表
10月増税で、生活は「変化しない」が55.3%

2019.09.19
ニュースリリース

「消費1万人調査」調査結果を発表
「ネットスーパー」の利用意向、全年代で3割超え

2019.07.16
ニュースリリース

「消費1万人調査」調査結果を発表
“スマホ”の影響が大きい若年層、
“社会・経済”の影響が大きい中高年層

2019.06.25
ニュースリリース

生活者にきいた
“2019年 生活気分” を発表

2018.11.20
ニュースリリース

生活者が求めるのは、
世の中の基盤をアップデートしてくれる商品・サービス
キーワードは【ソーシャル・プラス】

2018.10.29

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す