2014.12.04

BIG PRESENTATION 2015
デュアル・マス

kv

2つの大衆が共存する時代へ

博報堂生活総合研究所は、“大きな変化の時代に、大きな知恵を”という視座から、生活者の未来について提言していく「BIG PRESENTATION」(※)を本年より開始いたします。2015年のタイトルは「デュアル・マス」です。

2015年の日本は戦後70年、戦後レジーム(55年体制)確立から60年という節目を迎えます。人口、経済、情報環境など21世紀の大きな構造変化を受け止め、生活者は自ら主体的に生活の基盤を選択し始めています。生活総研は、生活者が大きく2つの塊に収束していくこの動きを「デュアル・マス」と名付けました。高度経済成長期以降、細分化と拡散を繰り返し、常に分散に向かっていた生活者が、生き方や価値観、行動スタイルとして何を選択していくのか、人々が生み出す新しいパラダイム・シフトについて提言してまいります。

※「BIG PRESENTATION」は博報堂生活総合研究所が毎年発表してきた「生活動力」のコンセプトを踏襲し、より大きな視座で人々の動きを捉え、社会と生活の未来像を提言するプレゼンテーション・コンテンツです。

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースリリース

9月の「生活自由度」は58.3点 8月から4.0ポイント増
【不安】はすべての項目で減少、【行動抑制】も緩和

2020.09.17
ニュースリリース

生活総研×メルカリ共同研究リリース
フリマアプリが現代のおさがり⽂化を支える実態が明らかに

2020.08.31
ニュースリリース

8月の「生活自由度」は54.3点 前月から7.1ポイント大幅減
健康や経済、行政への【不安】も上昇 外食や買い物の【行動抑制】も強まる

2020.08.20
ニュースリリース

7月の「生活自由度」は61.4点 前月から約4ポイント上昇で最高値更新
「家から外へ」のシフトが緩やかに進むも、約7割は「この夏旅行の予定ない」

2020.07.16
ニュースリリース

緊急事態宣言解除後の「生活自由度」は57.0点 前月から約6ポイント上昇
生活者の行動は緩やかに「家から外へ」とシフト

2020.06.18
ニュースリリース

緊急事態宣言下の「生活自由度」は51.2点 前月から3pt低下
特別定額給付金の使途は「決めていない」が35.7%で最多

2020.05.21
ニュースリリース

現在の生活自由度、普段の暮らしを100点とすると54.3点
不安に感じることのトップは「経済の停滞」91.2%

2020.04.20
ニュースリリース

「キャッシュレス社会」に
賛成63% : 反対37%
2年前の調査から賛成が14ポイント増加し多数派に

2020.02.04
ニュースリリース

「時間に関する意識調査」結果発表
生活を「高速化したい」57% vs 「低速化したい」43%

2020.01.15
ニュースリリース

生活者にきいた
“2020年 生活気分” を発表

2019.11.28
ニュースリリース

生活者が選ぶ “2020年 ヒット予想” &“2019年 ヒット商品”ランキング
キーワードは【変化本番】

2019.10.29

増税に関する生活者調査

ニュースリリース

「増税に関する生活者調査」
調査結果を発表
10月増税で、生活は「変化しない」が55.3%

2019.09.19

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す