研究タグ
2019.12.26

平成~令和の消費論 第6回

買い物慎重派が60万円の高級時計を購入、決め手はサブスクでの“出会い”

こちらは、MONEY PLUSからの転載記事です。

生活者の新しい消費観・消費行動を解説する連載の第6回。第5回に引き続き、サブスクリプションサービス(以下:サブスク)を積極的に利用している生活者をご紹介します。第5回では、サブスクを利用して「買わずに使う」生活を送る女性をとりあげましたが、それとは逆に、サブスクをきっかけに以前はしなかった消費をするようになったという方もいます。今回は、服やコンテンツなど、多数のサービスの利用経験がある30代男性の例をご紹介いたします。

都内在住のI・Tさんは、「とにかくものを無駄にしたり、損をするのが嫌」という気持ちが強いといいます。買ったまま使わずに場所をとってしまったり、捨ててしまうというのはもってのほか。加えて、多くのものは所有しているうちに価値が下がっていくので、できるだけ持ちたくないと考えています。

彼は日常の買い物はほぼネットショッピングで済ませていますが、ネットでの買い物は品質が不安定なので、レビューをじっくり読み込んでから購入。★5(最高評価)のレビューは信用できないものも多いので、★1~2といった低評価で理由が詳しく書かれているものや、「他の製品も試してみた」という人を参考にしています。また、欲しい製品に詳しい友人がいれば、どれがおすすめかを徹底的に聞くようにしているそうです。

とはいえ、どこまで慎重に検討したとしても、ネットの買い物は最終的には買ってみないとわかりません。そのため、購入する時の最重視ポイントは「返品できるかどうか」。返品NGのセール品と返品OKの定価品があったとしたら、彼は迷わず返品OKの定価品を買うといいます。安く買うことよりも、「損をしない」ことが重要だと考えているんです。

サブスクは「新しい経験を買う感覚」

そんなI・Tさんがサブスクを使い始めたきっかけは、1か月無料お試しキャンペーン。当初はメリットがわからず懐疑的だったものの、使ってみると意外と楽しかったといいます。特に、月額1~2万円程度で高級時計を借りられるサービスを使ったときは、高級時計に対する考え方が大きく変わったそうです。それまでは「ブランドに高いお金を払うなんて……」と考えていたのが、実際に使ってみたことで「高い時計には高いなりの価値がある」ということがわかり、気に入った時計を60万円で購入するに至りました。

画像1

60万円で購入した高級時計

普段の買い物にはとても慎重な彼が、サブスクには積極的にお金を投じ、高級時計の購入にまで至ったのはなぜでしょうか。それは、新しいものに触れるという「経験を買っている」意識が強いからだといいます。「サブスクのメリットは、自分からは取りにいかないものと出会えること。今はやめてしまったものも、それほど大きな負担をせずに『自分には合わない』ということがわかったので、試した価値はあった。どれも良い経験だったと思っている」とI・Tさんは話します。

→続きはMONEY PLUSのページからご覧ください。

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
その他研究活動

夢は「日常生活すべてのサブスク化」
定額サービスを駆使する20代女性の価値観

2019.12.17
その他研究活動

2020年の生活者展望

2019.12.13
その他研究活動

フリマアプリで5000回取引、ヘビーユーザーの20代女性が買う“意外なもの”

2019.11.22
その他研究活動

「消費のルール」に縛られない10代、個人間取引の利用率は40代の2.5倍以上

2019.11.05
その他研究活動

消費意欲低下は「ものづまり」が原因? 回避策は“手放す前提”の買い方

2019.10.24
その他研究活動

「100均」「フリマアプリ」人気が示す、女性の「お得さ」志向

2019.10.17
その他研究活動

サマーセミナー2019 「消費対流
~『決めない』という新・合理~」を開催

2019.09.13
その他研究活動

“人気”と“おすすめ”は何が違う?
博報堂とヤフーが探る「みんな」の正体

2019.06.04
その他研究活動

【NHK放送文化研究所×博報堂生活総合研究所】 変わる「家族観」と変わらない「仕事観」 ──二つの長期時系列調査にみる生活者の意識変化

2019.06.04
その他研究活動

【時東ぁみさんインタビュー】アイドル、防災士、チャリティ……。いろいろな活動で、たくさんの人を笑顔にしたい──「アイドル」の平成30年史

2019.05.17
その他研究活動

【菊池武夫さんインタビュー】 洋服はカルチャーの一部だと思う──ファッションの平成30年史

2019.04.24
その他研究活動

【笠原将弘さんインタビュー】 新しい時代の和食の料理人像を作りたかった ──「食」の平成30年史

2019.04.15

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す