2021.12.23

『博報堂生活総研のキラーデータで語るリアル平成史』発刊

唯一無二の巨大データから見る平成の実像と日本の未来!

博報堂が誇るシンクタンク・博報堂生活総合研究所による、世界に類のない広汎な生活調査「生活定点」。本書では、信仰から好きな料理まで多岐にわたるそのデータを20人の識者が考察し、調査期間がほぼカバーする平成という時代の変化を多彩な切り口で分析します。そこから見えてくるのは、生活者の視点に立ったリアルな平成史です。
さらに強調しておきたいのは、このデータは過去の分析だけでなく、その先の未来の指針にもなるということ。「生活定点」は博報堂の広告現場で、未来を創造する武器として使われています。読者の皆さんも、平成とはどんな時代だったか、未来はどうなるのかをデータとともに考えてみてください。

<目次>
はじめに     データは「答え」か?「問い」か?
為末大      信じる理由を求める時代
大木亜希子    あのマウンティング男に今、愛と感謝のキスを
田村淳      いつも常識をアップデートしていきたい
斎藤哲也     リベラル・アーツよ、どこへ行く?
中川淳一郎    平成の人間関係を一変させたインターネット
鳥羽周作     インターネットとコロナ禍が変えた、伝達「届けきる」をどう実現するか
高橋弘樹     恥ずかしさで逃げ出したくなる、「野菜の煮物」なき社会
藤田結子     「女性の手作り=愛情」はいつまで続く?
棚橋弘至     プロレスに見る平成の考察
倉田真由美    いくつになっても恋愛したい
熊代亨      平成30年間の時代の変化とメンタルヘルス
常見陽平     私たちは自由な働き方ができたのか
豊田啓介     離散と流動
石山蓮華     電線目線で折れ線を見る
近藤那央     人の心をほぐし、繋げる“いきものらしいロボット”
西田宗千佳    黄金期から苦難の時代、世界に翻弄された「ゲーム」というビジネス
家田荘子     災害とスマートフォン、平成社会が心をどう変えたか?
サヘル・ローズ  心に育む、豊かなアナタを
小川さやか    苦手な人びと、親しくない人びとに贈り物をしよう

 

<概要>
著者:博報堂生活総合研究所・編
ページ数:224ページ
価格:1,080円+税
発行:星海社
発行日:2021/12/23

紹介ページはこちら

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
その他研究活動

2022年の生活者展望

2021.12.22
その他研究活動

コロナ禍で根強い生活者の節約志向 消費を動かす鍵は「ネガの贅沢」か

2021.11.16
その他研究活動

買い物慎重派が60万円の高級時計を購入、決め手はサブスクでの“出会い”

2019.12.26
その他研究活動

夢は「日常生活すべてのサブスク化」
定額サービスを駆使する20代女性の価値観

2019.12.17
その他研究活動

2020年の生活者展望

2019.12.13
その他研究活動

フリマアプリで5000回取引、ヘビーユーザーの20代女性が買う“意外なもの”

2019.11.22
その他研究活動

「消費のルール」に縛られない10代、個人間取引の利用率は40代の2.5倍以上

2019.11.05
その他研究活動

消費意欲低下は「ものづまり」が原因? 回避策は“手放す前提”の買い方

2019.10.24
その他研究活動

「100均」「フリマアプリ」人気が示す、女性の「お得さ」志向

2019.10.17
その他研究活動

サマーセミナー2019 「消費対流
~『決めない』という新・合理~」を開催

2019.09.13
その他研究活動

“人気”と“おすすめ”は何が違う?
博報堂とヤフーが探る「みんな」の正体

2019.06.04
その他研究活動

【NHK放送文化研究所×博報堂生活総合研究所】 変わる「家族観」と変わらない「仕事観」 ──二つの長期時系列調査にみる生活者の意識変化

2019.06.04

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す