研究タグ
2011.12.23

(English) Survey on the Structure of Ken From Dynamics of Japanese Sei-katsu-sha 2012

圏の構造調査の英語版調査レポートです。

In the months since the Great East Japan Earthquake, interpersonal relationships, kizuna, altruism and giving encouragement to others have been in the spotlight. When we at Hakuhodo Institute of Life and Living (HILL) studied sei-katsu-sha’s associations and relationships, we discovered that new groups and networks that differ from traditional ties of family, network and community are starting to take root. In this year’s Dynamics of Japanese Sei-katsu-sha, a future outlook on emerging lifestyles published by HILL at the beginning of each year, we have dubbed these new purpose-specific, open and fluid groups and networks ken (literally meaning spheres or realms), and named the act of forming these relationships ken-building. We believe that the reorganizing of relationships into self-selected new lifestyle ken that go beyond existing norms will continue. This paper reports on the number of sei-katsu-sha that have ken and how ken differ from traditional associations and relationships.

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
その他研究活動

コロナ禍で根強い生活者の節約志向 消費を動かす鍵は「ネガの贅沢」か

2021.11.16
その他研究活動

買い物慎重派が60万円の高級時計を購入、決め手はサブスクでの“出会い”

2019.12.26
その他研究活動

夢は「日常生活すべてのサブスク化」
定額サービスを駆使する20代女性の価値観

2019.12.17
その他研究活動

2020年の生活者展望

2019.12.13
その他研究活動

フリマアプリで5000回取引、ヘビーユーザーの20代女性が買う“意外なもの”

2019.11.22
その他研究活動

「消費のルール」に縛られない10代、個人間取引の利用率は40代の2.5倍以上

2019.11.05
その他研究活動

消費意欲低下は「ものづまり」が原因? 回避策は“手放す前提”の買い方

2019.10.24
その他研究活動

「100均」「フリマアプリ」人気が示す、女性の「お得さ」志向

2019.10.17
その他研究活動

サマーセミナー2019 「消費対流
~『決めない』という新・合理~」を開催

2019.09.13
その他研究活動

“人気”と“おすすめ”は何が違う?
博報堂とヤフーが探る「みんな」の正体

2019.06.04
その他研究活動

【NHK放送文化研究所×博報堂生活総合研究所】 変わる「家族観」と変わらない「仕事観」 ──二つの長期時系列調査にみる生活者の意識変化

2019.06.04
その他研究活動

【時東ぁみさんインタビュー】アイドル、防災士、チャリティ……。いろいろな活動で、たくさんの人を笑顔にしたい──「アイドル」の平成30年史

2019.05.17

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す