研究レポート

2014.02.26

生活動力2014 インフラ友達

doryoku2014_kv1

人の《役割》を発掘する時代へ

SNSの浸透やNPO活動の隆盛など、これまでにない新たな場でのつながりが、友達の数を急速に拡大させています。一方、私たちの長期時系列調査『生活定点』の「友人は多ければ多いほどよい」の回答率は10年以上にわたり大きく下降。人間関係が自然に拡大してしまう時代だからこそ、人々は意義あるつながりを真剣に模索し始めているようです。単身世帯が全世帯の三分の一を占め、晩婚化が進み、家族人数も減少、地縁も薄まる中、人間関係の再構築は喫緊の生活課題といえます。

先行き不透明な時代を生き抜くため、信頼でつながり、日常の様々なシーンで、生活の土台として機能を果たす「かけがえのない使える人々」を、私たちは「インフラ友達」と名付けました。生活者は互いのできること、《役割》の発掘を通じて、自ら生活の基盤=インフラストラクチャーを構築し、もしもに備えながら、生活の質を向上させようとしています。本書では、新しい人間関係が生みだす市場機会と今後のマーケティングの方向性についてご提言しています。

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
研究レポート

【時東ぁみさんインタビュー】アイドル、防災士、チャリティ……。いろいろな活動で、たくさんの人を笑顔にしたい──「アイドル」の平成30年史

2019.05.17
研究レポート

【菊池武夫さんインタビュー】 洋服はカルチャーの一部だと思う──ファッションの平成30年史

2019.04.24
研究レポート

【笠原将弘さんインタビュー】 新しい時代の和食の料理人像を作りたかった ──「食」の平成30年史

2019.04.15
研究レポート

【研究員インタビュー】 女性は本当に「働きやすくなった」のか? ──「女性と仕事」の平成30年史

2019.04.08
研究レポート

平成で進んだ「家族のオープン化」、別居の親・親友も家族に

2019.04.08
研究レポート

平成で進んだ「家族のユニット化」、妻が夫を「名前+ちゃん」で呼ぶ

2019.04.01
研究レポート

【著者インタビュー】平成は、平静ではなかった──。 30年間を振り返る書籍に込めた思いとは。

2019.03.27
研究レポート

平成は家族の「標準」なくなる、離婚が婚姻の3分の1にも

2019.03.25
研究レポート

平成の家計は停滞、「貯金すればいつか買える」が覆る

2019.03.18
研究レポート

みらい博2019「#みんなって誰だ」を開催

2019.03.18
研究レポート

データで読む「平成」の変化、生活者には「平静」でなかった

2019.03.12
研究レポート

来年の生活者展望
~“平成”をまたぐ生活者の行方~

2018.12.14

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す