研究所紹介

上席研究員

酒井崇匡

さかいたかまさ
一覧に戻る

プロフィール

2005年博報堂入社。
マーケティングプラナーとして、教育、通信、外食、自動車、エンターテインメントなど諸分野でのブランディング、商品開発、コミュニケーションプラニングに従事。2008年より博報堂教育コミュニケーション推進室に参加。2012年より現職。

気になる未来は、「2056年 ロボットが社会的な責任を果たすようになり、法的な根拠となる「ロボット権」の付与が問題になること(未来年表より)」。

テクノロジー、若者、アジア、教育などの領域を軸に、生活者研究と未来予測に取り組んでいる。研究活動を通じて具体的な未来の生活を提案することを心がけている。

主な担当/関連リンク