研究タグ
2017.07.18

~ 1997年 → 2007年 → 2017年 ~

「こども20年変化」
調査結果 続報を発表

博報堂生活総合研究所は1997年から10年毎に、小学4年生から中学2年生の子どもたちを対象に、ほぼ同じ質問内容のアンケート調査を続けてきました(1997年・2007年・2017年の3時点で実施)。
今回は、6月に発表した調査結果の「続報」をご報告します。

【調査概要】
◆調査手法:訪問留置自記入法
◆調査対象:小学4年生〜中学2年生の男女
◆調査時期:2017年2月15日~3月21日
◆調査地域:首都40Km圏
◆調査人数:首都圏800人
(1997年・2007年の調査概要はリリースPDF P.7参照)

【1997年 → 2017年:「こども20年変化」のポイント(続報)】

【旅行・海外意識】

家族旅行で行きたいのは、海外より国内

- 家族旅行で行きたい場所[日本]:97年 41.3% → 17年 60.0% (+18.7pt) ※過去最高
- 家族旅行で行きたい場所[外国]:97年 44.2% → 17年 30.5% (▲13.7pt) ※過去最低

海外への関心は低下

- 日本のことを考えるべき:97年 37.3% → 17年 54.0% (+16.7pt) ※過去最高
- 世界全体のことを考えるべき:97年 61.8% → 17年 45.9% (▲15.9pt) ※過去最低
- 海外留学をしたいとは思わない(2017年のみ):17年 76.0% 
- 海外で仕事をしたいとは思わない(2017年のみ):17年 87.6%

【メディア意識】

一番欲しいものは、自分専用のスマートフォン

- 自分が新しく買いたいもの(2017年のみ):17年 自分専用のスマートフォン 44.9%、自分専用のスマートフォン 44.9%、自分専用のスマートフォン 44.9%の順

テレビの信頼度が上昇、ネットは低下

- インターネットの話は本当のことが多い(2007年から):07年 40.8% → 17年29.0% (▲11.8pt) ※過去最低
- テレビの話は本当のことが多い:97年 47.9% → 17年 71.3% (+23.4pt) ※過去最高

SNSとは慎重につきあう

- SNSで知り合った人に会うのはこわいと思う(2017年のみ):17年 62.5%
- SNSを使うときは気をつかう(2017年のみ):17年 53.4%

 

詳しくは下記PDFをご覧ください。

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースリリース

「キャッシュレス社会」に
賛成63% : 反対37%
2年前の調査から賛成が14ポイント増加し多数派に

2020.02.04
ニュースリリース

「時間に関する意識調査」結果発表
生活を「高速化したい」57% vs 「低速化したい」43%

2020.01.15
ニュースリリース

生活者にきいた
“2020年 生活気分” を発表

2019.11.28
ニュースリリース

生活者が選ぶ “2020年 ヒット予想” &“2019年 ヒット商品”ランキング
キーワードは【変化本番】

2019.10.29

増税に関する生活者調査

ニュースリリース

「増税に関する生活者調査」
調査結果を発表
10月増税で、生活は「変化しない」が55.3%

2019.09.19
ニュースリリース

「消費1万人調査」調査結果を発表
「ネットスーパー」の利用意向、全年代で3割超え

2019.07.16
ニュースリリース

「消費1万人調査」調査結果を発表
“スマホ”の影響が大きい若年層、
“社会・経済”の影響が大きい中高年層

2019.06.25
ニュースリリース

生活者にきいた
“2019年 生活気分” を発表

2018.11.20
ニュースリリース

生活者が求めるのは、
世の中の基盤をアップデートしてくれる商品・サービス
キーワードは【ソーシャル・プラス】

2018.10.29
ニュースリリース

「家族30年変化」調査結果 第三弾を発表
夫は誠実に、妻はドライになった30年

2018.07.12
ニュースリリース

「家族30年変化」調査結果 第二弾を発表
夫の家事参加意識はこの30年で最高になるも、実態はまだまだ妻に偏り

2018.07.02
ニュースリリース

「家族30年変化」調査結果を発表
妻は強く、夫は弱く

2018.06.11

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す