研究タグ
2017.07.18

~ 1997年 → 2007年 → 2017年 ~

「こども20年変化」
調査結果 続報を発表

博報堂生活総合研究所は1997年から10年毎に、小学4年生から中学2年生の子どもたちを対象に、ほぼ同じ質問内容のアンケート調査を続けてきました(1997年・2007年・2017年の3時点で実施)。
今回は、6月に発表した調査結果の「続報」をご報告します。

【調査概要】
◆調査手法:訪問留置自記入法
◆調査対象:小学4年生〜中学2年生の男女
◆調査時期:2017年2月15日~3月21日
◆調査地域:首都40Km圏
◆調査人数:首都圏800人
(1997年・2007年の調査概要はリリースPDF P.7参照)

【1997年 → 2017年:「こども20年変化」のポイント(続報)】

【旅行・海外意識】

家族旅行で行きたいのは、海外より国内

- 家族旅行で行きたい場所[日本]:97年 41.3% → 17年 60.0% (+18.7pt) ※過去最高
- 家族旅行で行きたい場所[外国]:97年 44.2% → 17年 30.5% (▲13.7pt) ※過去最低

海外への関心は低下

- 日本のことを考えるべき:97年 37.3% → 17年 54.0% (+16.7pt) ※過去最高
- 世界全体のことを考えるべき:97年 61.8% → 17年 45.9% (▲15.9pt) ※過去最低
- 海外留学をしたいとは思わない(2017年のみ):17年 76.0% 
- 海外で仕事をしたいとは思わない(2017年のみ):17年 87.6%

【メディア意識】

一番欲しいものは、自分専用のスマートフォン

- 自分が新しく買いたいもの(2017年のみ):17年 自分専用のスマートフォン 44.9%、自分専用のスマートフォン 44.9%、自分専用のスマートフォン 44.9%の順

テレビの信頼度が上昇、ネットは低下

- インターネットの話は本当のことが多い(2007年から):07年 40.8% → 17年29.0% (▲11.8pt) ※過去最低
- テレビの話は本当のことが多い:97年 47.9% → 17年 71.3% (+23.4pt) ※過去最高

SNSとは慎重につきあう

- SNSで知り合った人に会うのはこわいと思う(2017年のみ):17年 62.5%
- SNSを使うときは気をつかう(2017年のみ):17年 53.4%

 

詳しくは下記PDFをご覧ください。

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースリリース

9月の「生活自由度」は51.9点に減少し、過去2番目の低さに。 感染者・重症者が増える中、不安も行動の抑制も再び強まる

2021.09.17
ニュースリリース

8月の「生活自由度」は54.7点で、前月から微減。 感染者増の中、不安はやや高まるも、行動の抑制は強まっていない

2021.08.20
ニュースリリース

7月の「生活自由度」は55.8点で、2か月連続の増加。 不安も行動の抑制も引き続きゆるむ

2021.07.19
ニュースリリース

6月の「生活自由度」は54.3点に微増。 緊急事態宣言が主要都道府県で続くも、不安や行動の抑制はゆるむ

2021.06.18
ニュースリリース

5月の「生活自由度」は53.3点に減少し、昨年5月に次ぐ2番目の低さに。不安も行動の抑制も再び強まる

2021.05.21
ニュースリリース

コロナ禍1年を経て、「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」が56.3%と過半数。 その理由には若年層と高齢層で違いも。

2021.04.30
ニュースリリース

4月の「生活自由度」、2か月連続で増加
「行動の抑制度」も2か月連続でゆるむ

2021.04.16
ニュースリリース

3月の生活自由度は減少に歯止め。
不安、 行動抑制も和らぐ

2021.03.19
ニュースリリース

生活自由度は3か月連続で減少し、54.9点に
暮らしの中の行動抑制はさらに強まる

2021.02.19
ニュースリリース

1月の「生活自由度」は56.3点 2か月連続減
不安、行動抑制も強まる

2021.01.22
ニュースリリース

12月の「生活自由度」は58.9点
9月以後の増加から、一転減少へ

2020.12.18
ニュースリリース

Z世代のスマホの写真・動画保存点数は、平均2,914点
特に10代後半は “自撮り” より芸能人の “推し撮り”

2020.12.03

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す