研究タグ
2019.09.19

「増税に関する生活者調査」
調査結果を発表
10月増税で、生活は「変化しない」が55.3%

博報堂生活総合研究所は、2019年10月の増税による生活者の変化を探るべく、5月から毎月、「増税に関する生活者調査」を実施してまいりました。この調査は、首都圏・阪神圏・名古屋圏の20~69歳 男女1,500人を対象に、「増税と軽減税率の実施によって、消費に関する行動や意識、暮らしぶりは変化すると思うか」どうかを、その理由とともに聴取したものです。この調査結果を、当研究所が1993年からほぼ毎月聴取し続ける「消費意欲調査」の結果とともに分析したところ、今回の増税に関する生活者の心持ちは、過去2回の増税とは異なっていることもみえてきました。

[結果の要約]
・「増税による消費生活の変化予想」で「変化しない」と思う計は2カ月連続で増加、
55.3%で最高値。
・「変化する」と思う計との差も15.0ポイントにまで広がる。
・「変化しない」と思う理由は「必要なものは買うしかないから」が1位で突出(51.9%)。以下、「駆け込み消費はしない」(29.6%)、「高額消費の予定がない」(27.8%)などの理由が上位。
・過去2回の増税時と比較しても、今回は消費意欲の水準自体が極めて低い。

詳しくはこちらのPDFをご覧ください。

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースリリース

「緊急事態宣言」解除直後の10月の「生活自由度」は 57.2点に大幅増加し、今年2番目の高さに

2021.10.20
ニュースリリース

9月の「生活自由度」は51.9点に減少し、過去2番目の低さに。 感染者・重症者が増える中、不安も行動の抑制も再び強まる

2021.09.17
ニュースリリース

8月の「生活自由度」は54.7点で、前月から微減。 感染者増の中、不安はやや高まるも、行動の抑制は強まっていない

2021.08.20
ニュースリリース

7月の「生活自由度」は55.8点で、2か月連続の増加。 不安も行動の抑制も引き続きゆるむ

2021.07.19
ニュースリリース

6月の「生活自由度」は54.3点に微増。 緊急事態宣言が主要都道府県で続くも、不安や行動の抑制はゆるむ

2021.06.18
ニュースリリース

5月の「生活自由度」は53.3点に減少し、昨年5月に次ぐ2番目の低さに。不安も行動の抑制も再び強まる

2021.05.21
ニュースリリース

コロナ禍1年を経て、「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」が56.3%と過半数。 その理由には若年層と高齢層で違いも。

2021.04.30
ニュースリリース

4月の「生活自由度」、2か月連続で増加
「行動の抑制度」も2か月連続でゆるむ

2021.04.16
ニュースリリース

3月の生活自由度は減少に歯止め。
不安、 行動抑制も和らぐ

2021.03.19
ニュースリリース

生活自由度は3か月連続で減少し、54.9点に
暮らしの中の行動抑制はさらに強まる

2021.02.19
ニュースリリース

1月の「生活自由度」は56.3点 2か月連続減
不安、行動抑制も強まる

2021.01.22
ニュースリリース

12月の「生活自由度」は58.9点
9月以後の増加から、一転減少へ

2020.12.18

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す