研究タグ
2020.08.31

メルカリ総合研究所と共同で「フリマアプリ取引構造の実態分析」を実施

生活総研×メルカリ共同研究リリース
フリマアプリが現代のおさがり⽂化を支える実態が明らかに

生活総研は、メルカリ総合研究所(運営:株式会社メルカリ)との共同研究として、「フリマアプリでの生活者間取引構造の実態分析」を実施しました。
合計1,199カテゴリにおよぶフリマアプリ「メルカリ」の商品カテゴリー毎に、2019年の取引の出品者、購入者の年齢分布を分析。その結果、上の年代から下の年代へモノが受け継がれるだけでなく、反対に下の年代から上の年代にモノが「逆おさがり」する商品カテゴリーも多数存在することが明らかになりました。
生活スタイルやライフステージの多様化でリアルな交友関係では従来型の「おさがり」が起こりにくくなる中、フリマアプリによるマッチングがそれを補完し、更に従来にない新しい「モノの対流」を生み出している実態が示されました。

1) 商品カテゴリーの約半数に、上下の年齢間でモノが受け継がれる構造が存在

・フリマアプリ「メルカリ」内で2019年1~12月に取引された1,199カテゴリーのうち、20.5%が年上の出品者から年下の購入者へモノが受け継がれる「おさがり型」。
27.0%が年下から年上へ受け継がれる「逆おさがり型」。
・「おさがり型」と「逆おさがり型」を合わせると、商品カテゴリーの約半数(47.5%)に上下の年齢間でモノが継承される構造が存在。

2) 美容ツールやフィルムカメラ、ストリート文化などが、上世代からZ世代の若者へ「おさがり」

・「ダーツ」などオトナの文化、「美顔ローラー」など美容ツールが、ミレニアル世代からZ世代へ。

 

・「フィルムカメラ」は、全年代からアナログを愛するZ世代へ。

 

・「スケートボード」は、ストリートブーム世代間で取引されつつ、Z世代にも継承。

3) 嗜好性飲料や安心ツール、スポーツ用品などが、下世代から上世代へ「逆おさがり」

・「コーヒー」などの嗜好性飲料、「ドライブレコーダー」などの安心ツール、「入浴剤」などの“温もり”関連商品は、30代から40代・50代へ。

 

・ボールを中心とした「練習機器(野球)」は、高校球児から野球を始める子どもを持つ親や指導者の世代へ。

4) 趣味性の高い商品カテゴリーや一部のメンズファッションは、出品者と購入者の平均年齢が一致

・「バッジ(アニメ・コミックグッズ)」など趣味性の高い商品カテゴリーは、出品者・購入者の年齢分布が一致。

 

・「スニーカー」など一部のメンズファッションは、二山の形で出品者・購入者の年齢分布が一致。

 

詳しくは、こちらのPDFをご覧ください。

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースリリース

7月の「生活自由度」は55.8点で、2か月連続の増加。 不安も行動の抑制も引き続きゆるむ

2021.07.19
ニュースリリース

6月の「生活自由度」は54.3点に微増。 緊急事態宣言が主要都道府県で続くも、不安や行動の抑制はゆるむ

2021.06.18
ニュースリリース

5月の「生活自由度」は53.3点に減少し、昨年5月に次ぐ2番目の低さに。不安も行動の抑制も再び強まる

2021.05.21
ニュースリリース

コロナ禍1年を経て、「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」が56.3%と過半数。 その理由には若年層と高齢層で違いも。

2021.04.30
ニュースリリース

4月の「生活自由度」、2か月連続で増加
「行動の抑制度」も2か月連続でゆるむ

2021.04.16
ニュースリリース

3月の生活自由度は減少に歯止め。
不安、 行動抑制も和らぐ

2021.03.19
ニュースリリース

生活自由度は3か月連続で減少し、54.9点に
暮らしの中の行動抑制はさらに強まる

2021.02.19
ニュースリリース

1月の「生活自由度」は56.3点 2か月連続減
不安、行動抑制も強まる

2021.01.22
ニュースリリース

12月の「生活自由度」は58.9点
9月以後の増加から、一転減少へ

2020.12.18
ニュースリリース

Z世代のスマホの写真・動画保存点数は、平均2,914点
特に10代後半は “自撮り” より芸能人の “推し撮り”

2020.12.03
ニュースリリース

11月の「生活自由度」は61.4点
3か月連続で上昇、7月の最高値と同値に

2020.11.20
ニュースリリース

生活者にきいた
“2021年 生活気分” を発表

2020.11.18

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す