研究タグ
2011.12.22

(English) Dynamics of Japanese Sei-katsu-sha Ken: Toward New Social Capital

生活動力2012「圏づくり」の英語版ニュースリリースです。

In the months since the Great East Japan Earthquake,interpersonal relationships, kizuna, altruism and giving encouragement to others have been in the spotlight. When we at Hakuhodo Institute of Life and Living (HILL) studied sei-katsu-sha’s associations and relationships, we discovered that new groups and networks that differ from traditional ties of family, network and community are starting to take root. In this year’s “Dynamics of Japanese Sei-katsu-sha,” a future outlook on emerging lifestyles published by HILL every year during the New Year period, we have dubbed these new purpose-specific, open and fluid groups and networks ken (literally meaning spheres or realms), and named the act of forming these relationships ken-creation. We believe that the reorganizing of relationships into self-selected new lifestyle ken that exceed existing norms will continue. This paper reports on the number of sei-katsu-sha that have ken and how ken differ from traditional associations and relationships.

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースリリース

「緊急事態宣言」解除直後の10月の「生活自由度」は 57.2点に大幅増加し、今年2番目の高さに

2021.10.20
ニュースリリース

9月の「生活自由度」は51.9点に減少し、過去2番目の低さに。 感染者・重症者が増える中、不安も行動の抑制も再び強まる

2021.09.17
ニュースリリース

8月の「生活自由度」は54.7点で、前月から微減。 感染者増の中、不安はやや高まるも、行動の抑制は強まっていない

2021.08.20
ニュースリリース

7月の「生活自由度」は55.8点で、2か月連続の増加。 不安も行動の抑制も引き続きゆるむ

2021.07.19
ニュースリリース

6月の「生活自由度」は54.3点に微増。 緊急事態宣言が主要都道府県で続くも、不安や行動の抑制はゆるむ

2021.06.18
ニュースリリース

5月の「生活自由度」は53.3点に減少し、昨年5月に次ぐ2番目の低さに。不安も行動の抑制も再び強まる

2021.05.21
ニュースリリース

コロナ禍1年を経て、「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」が56.3%と過半数。 その理由には若年層と高齢層で違いも。

2021.04.30
ニュースリリース

4月の「生活自由度」、2か月連続で増加
「行動の抑制度」も2か月連続でゆるむ

2021.04.16
ニュースリリース

3月の生活自由度は減少に歯止め。
不安、 行動抑制も和らぐ

2021.03.19
ニュースリリース

生活自由度は3か月連続で減少し、54.9点に
暮らしの中の行動抑制はさらに強まる

2021.02.19
ニュースリリース

1月の「生活自由度」は56.3点 2か月連続減
不安、行動抑制も強まる

2021.01.22
ニュースリリース

12月の「生活自由度」は58.9点
9月以後の増加から、一転減少へ

2020.12.18

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す