2012.12.28

英語版 生活動力2013Extended Offspringhood

At the end of each year, Hakuhodo Institute of Life and Living (HILL) publishes Dynamics of Japanese Sei-katsu-sha, a future outlook on the following year’s sei-katsu-sha trends. Our keyword for 2013 is: Extended Offspringhood.
Japan’s simultaneous declining birthrate, aging population and shrinking overall population have not been experienced by any other country at any time in history, putting Japan in unknown demographic territory. HILL looked at this trend from a fresh perspective, that of individuals as offspring. Japan, today, is set to experience an age of extended offspringhood, where the time between an individual’s birth and the death of both of his or her parents is some six decades. In Japan, both the slice of the population pie made up of offspring, as well as the portion of a person’s lifetime spent as an offspring have grown. Below is our outlook on the future of sei-katsu-sha and society in the midst of this great wave of change.

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースリリース

9月の「生活自由度」は58.3点 8月から4.0ポイント増
【不安】はすべての項目で減少、【行動抑制】も緩和

2020.09.17
ニュースリリース

生活総研×メルカリ共同研究リリース
フリマアプリが現代のおさがり⽂化を支える実態が明らかに

2020.08.31
ニュースリリース

8月の「生活自由度」は54.3点 前月から7.1ポイント大幅減
健康や経済、行政への【不安】も上昇 外食や買い物の【行動抑制】も強まる

2020.08.20
ニュースリリース

7月の「生活自由度」は61.4点 前月から約4ポイント上昇で最高値更新
「家から外へ」のシフトが緩やかに進むも、約7割は「この夏旅行の予定ない」

2020.07.16
ニュースリリース

緊急事態宣言解除後の「生活自由度」は57.0点 前月から約6ポイント上昇
生活者の行動は緩やかに「家から外へ」とシフト

2020.06.18
ニュースリリース

緊急事態宣言下の「生活自由度」は51.2点 前月から3pt低下
特別定額給付金の使途は「決めていない」が35.7%で最多

2020.05.21
ニュースリリース

現在の生活自由度、普段の暮らしを100点とすると54.3点
不安に感じることのトップは「経済の停滞」91.2%

2020.04.20
ニュースリリース

「キャッシュレス社会」に
賛成63% : 反対37%
2年前の調査から賛成が14ポイント増加し多数派に

2020.02.04
ニュースリリース

「時間に関する意識調査」結果発表
生活を「高速化したい」57% vs 「低速化したい」43%

2020.01.15
ニュースリリース

生活者にきいた
“2020年 生活気分” を発表

2019.11.28
ニュースリリース

生活者が選ぶ “2020年 ヒット予想” &“2019年 ヒット商品”ランキング
キーワードは【変化本番】

2019.10.29

増税に関する生活者調査

ニュースリリース

「増税に関する生活者調査」
調査結果を発表
10月増税で、生活は「変化しない」が55.3%

2019.09.19

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す