2013年ヒット商品分析レポート今年のときめき:「希望の国、日本」

博報堂生活総合研究所は、今年生活者が関心を示したと思われるモノやサービス、コンテンツ事例(ヒット商品)について、【今年のときめき】と題した調査を実施し、今年の生活者の消費心理や志向の変化についての分析を行いました。

2008年リーマンショック、2011年東日本大震災などがもたらした停滞を経て、今年は漸く景気浮揚の兆しが見えてきました。調査では、日本の伝統文化や長く受け継がれてきたモノ・コトなどが上位に多数ランクインしました。生活者は身近な日本の資産や生活の内にこそ、新たな希望の芽があると感じているようです。

生活者のときめきを読み解く、3つのキーワード:
「日本の誇り」発見
「心の中の日本」棚卸し
「日本ならではの質」目利き

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースリリース

「キャッシュレス社会」に
賛成63% : 反対37%
2年前の調査から賛成が14ポイント増加し多数派に

2020.02.04
ニュースリリース

「時間に関する意識調査」結果発表
生活を「高速化したい」57% vs 「低速化したい」43%

2020.01.15
ニュースリリース

生活者にきいた
“2020年 生活気分” を発表

2019.11.28
ニュースリリース

生活者が選ぶ “2020年 ヒット予想” &“2019年 ヒット商品”ランキング
キーワードは【変化本番】

2019.10.29

増税に関する生活者調査

ニュースリリース

「増税に関する生活者調査」
調査結果を発表
10月増税で、生活は「変化しない」が55.3%

2019.09.19
ニュースリリース

「消費1万人調査」調査結果を発表
「ネットスーパー」の利用意向、全年代で3割超え

2019.07.16
ニュースリリース

「消費1万人調査」調査結果を発表
“スマホ”の影響が大きい若年層、
“社会・経済”の影響が大きい中高年層

2019.06.25
ニュースリリース

生活者にきいた
“2019年 生活気分” を発表

2018.11.20
ニュースリリース

生活者が求めるのは、
世の中の基盤をアップデートしてくれる商品・サービス
キーワードは【ソーシャル・プラス】

2018.10.29
ニュースリリース

「家族30年変化」調査結果 第三弾を発表
夫は誠実に、妻はドライになった30年

2018.07.12
ニュースリリース

「家族30年変化」調査結果 第二弾を発表
夫の家事参加意識はこの30年で最高になるも、実態はまだまだ妻に偏り

2018.07.02
ニュースリリース

「家族30年変化」調査結果を発表
妻は強く、夫は弱く

2018.06.11

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す