生活者が選ぶ【2016年ヒット予想】発表

1位「外国人観光客」2位「自動衝突回避システム」3位「進化するエコカー」

キーワードは『ワクワクの更新』

博報堂生活総合研究所は、このたび、生活者が選ぶ【2016年ヒット予想】をまとめました。

本レポートは、生活者に今年世の中で注目されたと思われる商品やサービス、コンテンツなどを提示し、「2016年以降、話題になりそう/人々の生活に普及・浸透していそう」と思うかどうかを調査。「そう思う」「ややそう思う」という予想の強弱を反映するよう結果をポイント化したランキングとヒット予想の理由を分析し、【2016年ヒット予想】として傾向をまとめました。

生活者が選ぶヒット予想としては、外国人観光客、テクノロジーの進化、新しい制度などが上位に多数ランクイン。これらの調査結果を分析し、2016年のヒット予想キーワードを「ワクワクの更新」と掲げました。生活者の中で、これらの事象による恩恵が2016年一気に身近になり、新しく暮らしを変えていくだろうと、期待を高める様子をワード化しています。

ランキング分析による3つの傾向

①≪急増する外国人観光客≫にワクワク
1位には政府の成長戦略でもある「外国人観光客」が挙がりました。生活者によるヒット予想の理由をみると、日常の暮らしにおける“居ながらの国際化”に前向きに向き合おうとしている様子がうかがえます。また、外国人観光客の増加を通して、日本の文化や自然、食事などの良さが認められていると受け止めてもいるようです。2015年、外国人観光客は2,000万人に近づく見通しですが、今後の更なる増加に向け、生活者の心の準備はできているようです。

②≪進化するテクノロジー≫にワクワク
2位から4位を占める車関連。生活者は安全面や省エネ面での進化を期待しています。特に、2位「自動衝突回避システム」は高齢ドライバーの事故との関連で男性50代~60代で関心が高くなっています。また、14位「実用型ロボット」、20位「音声認識アシスタント」、30位「IoT」など、新しいテクノロジーが身近な実用段階に入ったと考える生活者も多いようです。特に、ロボットは介護など高齢社会での様々な活躍を期待する声が目立ちます。

③≪新しい制度や仕組み≫にワクワク

納税の新しい制度といえる5位「ふるさと納税」は“お得”という側面が強い一方、地域貢献になる点にも共感が集まっています。また、共有の新しい仕組みの15位「シェアサービス」では、既に車や部屋の共有が進んでいます。今後も共有した方が合理的なモノ・空間などは、シェアが進むと予想されます。18位「空き家リノベーション」もこの流れにあります。今回の調査では聴取しませんでしたが、2016年には電力の小売り自由化や18才以上への選挙権付与などのトピックも待ち受けており、世の中の革新につながる新たな制度や仕組みが期待されています。

hit2016

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
ニュースリリース

9月の「生活自由度」は51.9点に減少し、過去2番目の低さに。 感染者・重症者が増える中、不安も行動の抑制も再び強まる

2021.09.17
ニュースリリース

8月の「生活自由度」は54.7点で、前月から微減。 感染者増の中、不安はやや高まるも、行動の抑制は強まっていない

2021.08.20
ニュースリリース

7月の「生活自由度」は55.8点で、2か月連続の増加。 不安も行動の抑制も引き続きゆるむ

2021.07.19
ニュースリリース

6月の「生活自由度」は54.3点に微増。 緊急事態宣言が主要都道府県で続くも、不安や行動の抑制はゆるむ

2021.06.18
ニュースリリース

5月の「生活自由度」は53.3点に減少し、昨年5月に次ぐ2番目の低さに。不安も行動の抑制も再び強まる

2021.05.21
ニュースリリース

コロナ禍1年を経て、「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」が56.3%と過半数。 その理由には若年層と高齢層で違いも。

2021.04.30
ニュースリリース

4月の「生活自由度」、2か月連続で増加
「行動の抑制度」も2か月連続でゆるむ

2021.04.16
ニュースリリース

3月の生活自由度は減少に歯止め。
不安、 行動抑制も和らぐ

2021.03.19
ニュースリリース

生活自由度は3か月連続で減少し、54.9点に
暮らしの中の行動抑制はさらに強まる

2021.02.19
ニュースリリース

1月の「生活自由度」は56.3点 2か月連続減
不安、行動抑制も強まる

2021.01.22
ニュースリリース

12月の「生活自由度」は58.9点
9月以後の増加から、一転減少へ

2020.12.18
ニュースリリース

Z世代のスマホの写真・動画保存点数は、平均2,914点
特に10代後半は “自撮り” より芸能人の “推し撮り”

2020.12.03

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す