私の生活定点

博報堂生活総研による定点調査「生活定点」を見て気づいたこと、
発見したことをさまざまな人が語っていくリレー・エッセイです。

研究タグ
2015.09.14

第9回

データと偶然に出会う装置

博報堂生活者アカデミー

星出祐輔

答えやノウハウ、時事ネタを扱っているサイトはいっぱいあるけど。
アイデアになる前の種や芽がいっぱい溜まっているサイトって、世の中にあまりないかもしれない。
僕は昨年、このサイトを立ち上げる担当をして、そんなことを考えながら仕事をしました。
このコラムでは、使い手目線と作り手目線の両方から書いていきたいと思います。

一般的に、物事を考えたり、リサーチしたりするときは、「言葉」から入ります。
たとえば、「好きな料理」であったり、「お金」「愛」であったり。
言葉を起点に考えたり検索したりする。

でも、データの見せ方は言葉起点だけだろうか?そうではない分類ができないか?
そう考えて生まれたのが「グラフの形から見る」という見せ方。下の図を見てください。

「生活定点」は、22年分の生活者データなので、
時系列の変化がパッとわかるように、データを折れ線グラフにしています。
その折れ線グラフの形に着目して、データを分類しました。

その結果、直感的にカタチから項目を選び取り、
そこから考える仕組みを作ることができました。
それは、はじめから言葉ありきではない、
「非言語な検索システム」の開発と言っても良いかもしれません。

「グラフの形から見る」を使うと、
いまの日本人の気持ちを、ざっくり俯瞰的に見ることができます。

たとえば、こんな項目。

【V字回復している項目】

http://seikatsusoken.jp/teiten2014/graph/7.htmlPDF

・国民の義理がたさは日本の誇りだと思う
・地球環境の保護につながる具体的な行動をしていない

【ここ2年で最も下降】

http://seikatsusoken.jp/teiten2014/graph/5.htmlPDF

・国民利益を犠牲にしても個人利益を第一に考えるべきだと思う
・世の中のことでよろこばしいことが少ない
・日本と外国の交流が進むと日本人のマナーが悪くなると思う

【ここ2年で最も上昇】

http://seikatsusoken.jp/teiten2014/graph/4.htmlPDF

・今の日本は良い方向に向かっていると思う

「V字回復してるのはそういう項目なんだ」とか「ここ2年で最も上昇してるのはそれ?」とか
意外に思った方もいるのではないでしょうか。
僕がびっくりしたのは、【V字回復している項目】の
「地球環境の保護につながる具体的な行動をしていない」です。
「行動をしていない人」が近年、増えている!?なぜ?

環境意識について調べていたわけではないのに、
「V字回復」に興味を持って一覧を見てみたら、そのデータを偶然知ってしまう。
「なぜ、上昇しているのだろう、その理由は、背景は・・・」と、思考が勝手に走り始める、この感覚。
この感覚をたくさんの人に知ってもらいたいと思っています。

インターネットは本来、自分の感覚の周波数帯の外へといざなってくれ、
あたらしい景色を提示してくれる装置であり、環境です。

目的や仮説を持たずとも、そこに飛び込んでいけば、
なかば強制的に発想妄想への旅が始まります。
今までにはない楽しさ、面白さを味わうことができます。

この仕事では、そんな情報化時代の発想のつくり方を気づかせてくれました。
生活定点特設サイトを活用して、たくさんの発想や妄想の芽を作っていただけると嬉しいです。

※このコラムは生活定点2014年度版のデータに基いています。

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
私の生活定点

トランプ勝利―自国第一・内向き志向はアメリカだけ?

生活総研 上席研究員

三矢正浩
2016.12.14
私の生活定点

家族の誕生日祝い、大躍進!

博報堂 こそだて家族研究所
上席研究員

脇田英津子
2016.11.30
私の生活定点

生活定点から見えてくる、「新しい大人の関係性消費」

博報堂 新しい大人文化研究所

安並まりや
2016.10.27
私の生活定点

「何を見ているのか言ってごらんなさい。あなたがどんな人だか言ってみせましょう」

博報堂DYメディアパートナーズ
メディア環境研究所 主席研究員

藤原将史
2016.10.04
私の生活定点

「見えないことは、存在していないこと、ではないという話」

電通
エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクター

岸勇希
2016.01.07
私の生活定点

「損したくない」という感覚

ニッポン放送 アナウンサー

吉田尚記
2015.12.17
私の生活定点

昔のオタクと今のオタク

ニッポン放送  アナウンサー

吉田尚記
2015.11.26
私の生活定点

夢と希望の地獄

アートディレクター/グラフィックデザイナー

寄藤文平
2015.10.26
私の生活定点

リア充はリアルか

生活総研 研究員

中島健登
2015.10.05
私の生活定点

データと偶然に出会う装置

博報堂生活者アカデミー

星出祐輔
2015.09.14
私の生活定点

お父さんの背中は小さくなったか

生活総研 上席研究員

内濱大輔
2015.08.24
私の生活定点

「生活定点」は「日本人の心のガイドブック」

博報堂生活者アカデミー

松井一哲
2015.07.27
私の生活定点

「調査と妄想」

博報堂ブランドデザイン

遠藤礼奈
2015.06.29
私の生活定点

料理好きな男は転職を考えてるかも

FUTURE CATALYSTS

鷲尾和彦
2015.06.08
私の生活定点

”科学技術が進歩しすぎて不安である”という設問を”科学技術の進歩”を用いて解析

博報堂DYメディアパートナーズ

篠田裕之
2015.05.18
私の生活定点

「友達」と「金髪」と「ソーシャルメディア」

博報堂 インタラクティブプラナー

平知己
2015.04.20
私の生活定点

「愛」より「カネ」か?日本人。

博報堂クリエイティブ・ヴォックス

吉岡虎太郎
2015.03.30
私の生活定点

引っ越しをしたい30代は焼肉・ぎょうざ好き?

生活総研 上席研究員

佐藤圭以子
2015.03.09

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す