研究レポート

研究タグ
2012.09.14

1997年→2007年→2012年「子供の生活15年変化」調査レポート

※PDFの内容の一部に誤りがあることが判明したため、2012年10月31日に、修正した最新のものに差し替えております。

博報堂生活総合研究所では、5年前(2007年)と15年前(1997年)に行った、小学4年生〜中学2年生対象の「子供調査」を、今年(2012年)、同世代の子供たちに行いました。前回の2007年から2012年の間は、次のような、それまで経験したことのない大きな出来事があった期間でした。
・ 2008年 リーマンショック
・ 2009年 民主党への政権交代
・ 2010年 GDPで日本が中国に抜かれ、世界第三位へ
・ 2011年 東日本大震災
これらの出来事が、直接的、間接的に子供たちに与えたであろう影響を念頭に置きながら、1997年から2002年までの2000年前後に生まれた子供たち「アラウンド・ゼロ世代」の特徴を15年間の生活変化から8つのFindingsとして、明らかにしました。

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す