研究レポート

研究タグ
2012.09.14

1997年→2007年→2012年「子供の生活15年変化」調査レポート

※PDFの内容の一部に誤りがあることが判明したため、2012年10月31日に、修正した最新のものに差し替えております。

博報堂生活総合研究所では、5年前(2007年)と15年前(1997年)に行った、小学4年生〜中学2年生対象の「子供調査」を、今年(2012年)、同世代の子供たちに行いました。前回の2007年から2012年の間は、次のような、それまで経験したことのない大きな出来事があった期間でした。
・ 2008年 リーマンショック
・ 2009年 民主党への政権交代
・ 2010年 GDPで日本が中国に抜かれ、世界第三位へ
・ 2011年 東日本大震災
これらの出来事が、直接的、間接的に子供たちに与えたであろう影響を念頭に置きながら、1997年から2002年までの2000年前後に生まれた子供たち「アラウンド・ゼロ世代」の特徴を15年間の生活変化から8つのFindingsとして、明らかにしました。

ニュース・リリース資料

PDFを読む

この記事をシェアする

このエントリーをはてなブックマークに追加
研究レポート

生活者の「好き・熱中にまつわる意識・実態調査」を発表

2017.01.11

「趣味・遊び」より
「睡眠・休息」

研究レポート

生活者にきいた
“2017年 生活気分”を発表

2016.11.21

2017年 ヒット予想

2016年 ヒット商品

研究レポート

生活者が求めるのは、
“生活者支援系テクノロジー”
キーワードは【サンキュー・テック】

2016.10.28

キーワードは「常温」

研究レポート

「常温」 を楽しむ社会へ
~ この先 良くも悪くもならない世の中を、ポジティブに ~

2016.10.03
研究レポート

生活総研とお坊さんが、信仰の未来を考えた。

2016.09.13
研究レポート

「シルバー30年変化」
調査結果を発表

2016.06.24
研究レポート

第1位 急増する外国人観光客

生活者が選ぶ 2016年ヒット予想 発表

2016.01.06
研究レポート

2016年の漢字:1位は「楽」

生活者にきいた2016年 生活気分

2016.01.06
研究レポート

第二回マイビッグデータに関する意識調査レポート:「自分のことを包み隠さず共有できる」のは誰?

2015.08.26
研究レポート

第一回マイビッグデータに関する意識調査レポート:約7割が「積極的に知りたい」と回答

2015.07.16
研究レポート

東京─上海協働レポート vol.3 日中「モノの選び方」比較

2015.03.25
研究レポート

BIG PRESENTATION 2015

デュアル・マス

2014.12.04

もっと読み込む

その他の研究をキーワードから探す