研究レポート

1988年→1998年→2008年→2013年「日本の家族25年変化」調査レポート

2013.09.30

博報堂生活総合研究所は、日本の家族の現状とその行く末を見極めることを目的に、1988年より、1998年、2008年と家族に関するアンケートを同一質問内容で実施。
日本の家族の意識変化について研究を重ねてまいりました。
今回は、2011年に起きた東日本大震災の家族に対する影響を念頭に置きながら、2008年から2013年までの5年間で日本の家族にどのような変化が起こったのかを調査、分析。
3.11後に生まれた日本の家族の新しい動きを9つのFindingsとして明らかにしました。

レポート・データ(PDF)

PDFを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

研究レポート

生活動力2014

インフラ友達

研究レポート 2014.02.26 タグ: